事業所古紙共同回収システム

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年2月3日

「事業所古紙共同回収システム」とは、事業所から不要となり排出された紙類を、資源回収業者が引き取り、リサイクルルートにのせるシステムです。当システムを運営している「狭山市事業所リサイクル推進協議会」の会員になると、指定の業者が回収に伺います。

システムのメリット

  1. ごみの減量化につながり、資源として再利用することが可能となります。
  2. ごみの焼却量が減り、ダイオキシン類やCO2排出量の削減になります。
  3. 紙類の排出が比較的少ない事業所も参加できます。
  4. 企業として、環境保護や社会への貢献となり、企業のイメージアップにもつながります。

事業所古紙共同回収システムで回収した事業所古紙を原料としたオリジナルトイレットペーパー「狭山の森」を販売しています。申し込み方法など詳細については、こちらをご覧ください。

現在、古紙相場の下落等の影響により、一時的に新規会員の募集を中断しています。料金設定の見直し等、運営方針を検討し、改めて新規会員募集を再開する予定です。

このページに関するお問い合わせは
環境経済部 資源循環推進課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-7717

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。