同一入札における資本関係または人的関係のある会社の参加を制限します

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2018年8月13日

これまでも入札参加資格要件において制限することがありました、いわゆる同族企業の取り扱いについて、次のとおり狭山市建設工事請負等競争入札参加者心得を改正(第3条に第6項を追加)することといたしました。これにより、資本関係または人的関係のある会社が同一入札に参加することが制限されますのでご注意ください。

制限の基準

(1)資本関係

  • 親会社と子会社の関係にある会社同士である場合
  • 親会社を同じくする子会社同士の関係にある会社同士である場合

(2)人的関係

  • 一方の会社の役員が他方の会社の役員を兼務している場合
  • 一方の会社の役員が他方の会社の会社更生法又は民事再生法の規定により選任された管財人を兼ねている関係にある場合

(3)その他

  • 入札の適正さが阻害されると認められる関係にある会社同士である場合

該当した場合の取り扱い

基準に該当する会社が行った入札は、参加する資格のない入札として、その札を無効とします。

適用時期

平成27年(2015年)7月1日以降に公告した入札に適用します。

狭山市建設工事請負等競争入札参加者心得

このページに関するお問い合わせは
総務部 契約検査課

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。