一般向け映画会(中央図書館)

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2024年2月2日

中央図書館で開催する一般向け映画会のご案内です

お知らせ

2月25日(日曜日)開催分は、定員に達したため申込受付を締め切りました

開催日時・タイトル

2023年

月日時間上映作品申込開始日
10月22日(日曜日)14時から16時まで『天使のいる図書館』終了しました
11月19日(日曜日)14時から16時まで『つつんで、ひらいて』終了しました
12月3日(日曜日)14時から16時30分まで『ラーゲリより愛を込めて』終了しました

2024年

月日時間上映作品申込開始日
1月14日(日曜日)14時から16時まで『Coda あいのうた』終了しました
2月25日(日曜日)14時から16時30分まで『すばらしき世界』定員に達しました
3月10日(日曜日)14時から16時まで『ハルをさがして』2024年2月16日(金曜日)

 

場所

中央図書館4階 視聴覚室

内容

『天使のいる図書館』 終了しました

内容

東京の大学を出て故郷の図書館に就職した新人司書・吉井さくら(小芝風花)は、知識は豊富だが思考が合理的で人付き合いも苦手で職場に馴染めずにいた。
ある日、図書館を訪れた芦高礼子と名乗る老婦人から1枚の古い写真を見せられる。さくらが写真の場所に案内したのを機に、地元各所を巡る二人は心を通わせるが、礼子はある想いを秘めていた。
美しい景観に囲まれた神話の里・奈良県葛城地域にある図書館で働く新人司書の成長を描く心あたたまる人間ドラマ。
(邦画/2017年/108分)

キャスト

監督:ウエダ アツシ
出演:小芝 風花、横浜 流星、香川 京子、森本 レオ ほか

『つつんで、ひらいて』 終了しました

内容

菊地信義。俵万智の「サラダ記念日」をはじめ大江健三郎、古井由吉、浅田次郎、平野啓一郎、金原ひとみら1万5千冊以上もの本を手掛け、40年以上にわたり日本のブックデザイン界をリードしてきた稀代の装幀家。彼を3年間追い続けたドキュメンタリー。
菊地の製本にいたるまでの「ものづくり」の過程や、彼の愛弟子の装幀家、編集者、印刷業者など、本づくりに懸ける人々を真摯に見つめる。
(邦画/2021年/93分)

キャスト

監督・撮影・編集:広瀬 奈々子
出演:菊地 信義 ほか

『ラーゲリより愛を込めて』 終了しました

内容

第二次大戦後、零下40度の厳冬のシベリア。わずかな食料での過酷な労働が続く日々。強制収容所(ラーゲリ)で山本幡男(二宮和也)は、日本にいる妻・モジミや4人の子どもと共に過ごす日が訪れることを信じ、仲間を励まし続けた。
再会を願い続けた2人の11年に及ぶ愛の実話。
第46回日本アカデミー賞・優秀主演男優賞、第65回ブルーリボン賞・主演男優賞
(邦画/2022年/134分)

キャスト

監督:瀬々 敬久
原作:辺見 じゅん
出演:二宮 和也、北川 景子、松坂 桃李 ほか

『Coda あいのうた』 終了しました

内容

豊かな自然に恵まれた海の町で暮らす高校生のルビー(エミリア・ジョーンズ)は、家族の中で一人だけ耳が聞こえる。陽気で優しい家族のために、ルビーは幼い頃から“通訳”となり、家業の漁業も毎日欠かさず手伝っていた。
新学期、秘かに憧れるクラスメイトのマイルズと同じ合唱クラブを選択するルビー。すると、合唱クラブの顧問の先生がルビーの歌の才能に気づき、都会の名門音楽大学の受験を強く勧める。しかし、ルビーの歌声が聞こえない両親は娘の才能を信じられず、家業のほうが大事だと大反対。悩んだルビーは、夢よりも家族の助けを続けることを選ぶと決めるが、思いがけない方法で娘の才能に気づいた父は、意外な決意をする。
第94回アカデミー賞<作品賞・助演男優賞・脚色賞>、サンダンス映画祭<グランプリ・観客賞・監督賞・アンサンブルキャスト賞>
(洋画/2021年/112分)

キャスト

監督・脚本:シアン・ヘダー
出演:エミリア・ジョーンズ、トロイ・コッツァー ほか

『すばらしき世界』 定員に達したため、申込受付を締め切りました

内容

下町の片隅で暮らす三上(役所 広司)は、見た目は強面で頭に血が上りやすいが、まっすぐで困っている人を放っておけない男。しかし、彼は人生の大半を刑務所で過ごしてきた元殺人犯だった。
一度社会のレールから外れるも何とか再生したいと悪戦苦闘する三上に、若手テレビマンの津乃田と吉澤がネタにしようと目論み、すり寄ってくる。
第56回シカゴ国際映画祭観客賞・最優秀演技賞、第47回シアトル国際映画祭・観客賞
(邦画/2021年/126分)

キャスト

監督・脚本:西川 美和
出演:役所 広司、仲野 太賀 ほか

『ハルをさがして』

内容

都内の学校に通う中学3年生のノボル(小柴 大河)は、同じクラスのチエコに秘かに思いをよせている。ある日、ノボル、マサル、ヒロキの3人は、チエコから東日本大震災後、東京に自主避難してきた際に福島に残し、行方不明になっている愛犬 “ハル”を一緒に探しに行ってほしいという依頼を受ける。
震災後の福島を舞台に、4人の中学生たちのひと夏の経験と成長を描く。
第14回中之島映画祭グランプリ
(邦画/2015年/93分)

キャスト

監督・脚本:尾関 玄
出演:小柴 大河、佐藤 菜月 ほか

定員

各30名(先着順)

申し込み

各回の申込開始日の9時30分から中央図書館へ電話、来館、または電子申請にて受付
(注釈)ご来館の場合には、5階事務室へお越しください
 
申し込み専用フォーム(2024年2月25日開催分)(外部サイト)【定員に達しました】
申し込み専用フォーム(2024年3月10日開催分)(外部サイト)
(注釈)申し込みフォームからのお申込み期限は、開催日の前日の17時までとなります

参加する方へのお願い

体調がすぐれない場合は、参加をお控えください

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 中央図書館

狭山市入間川2丁目2番25号

電話:04-2954-4646

FAX:04-2954-0419

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。