市内モノづくり企業PRサイト「本物づくりのまち 狭山」をご活用ください!

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2018年12月10日

狭山市内の企業の製品や技術、そこで働く人々の熱意などを集約した、市内モノづくり企業PRサイト「本物づくりのまち狭山」を開設しました。
狭山市には、高度な技術を持つ多くの優良な企業が立地し、豊かな知識と経験を持つ人材も豊富であるなど、産業都市としての基盤が確立しています。
この企業PRサイトは、市内企業の概要や製品、技術、特徴を紹介する企業紹介コーナーをはじめ、現場で活躍する方々の熱い思いが含まれたインタビュー記事、求人情報などを掲載しています。ぜひ、ご利用ください。

市内モノづくり企業PRサイト「本物づくりのまち狭山市」

「本物づくりのまち狭山市」発行しました

平成29年(2016年)3月に市内モノづくり企業PR誌「本物づくりのまち狭山市」を発行しました。

紙面では、「工場見学で企業の魅力に迫る」、「身近なモノ アンド 美味しいモノ」、「狭山の優良企業」といった独自の切り口から市内モノづくり企業48社を紹介しています。ぜひご覧ください。なお、本誌は狭山市産業労働センター(狭山市入間川1丁目3番3号)や狭山市役所本庁舎(狭山市入間川1丁目23番5号)2階産業振興課にて、配布しております。
PDF版をダウンロードしてご覧いただけます。

「本物づくりのまち 狭山市」市内モノづくり企業PR誌「本物づくりのまち 狭山市」の表紙「本物づくりのまち 狭山市」の表紙

市内モノづくり企業PR誌「本物づくりのまち狭山市」(PDF版)

工業都市狭山市

狭山市は、2つの工業団地(川越狭山工業団地・狭山工業団地)を有する工業都市です。
川越狭山工業団地は、大手輸送機器メーカー及びその関連会社を中心に企業が立地し、本市の産業の中核となっています。
狭山工業団地は、圏央道インターチェンジに近接しており、金属製品・化学・食料品など多種多様な企業が立地しています。上記の他にも、世界規模で活躍する製品を製造している企業やトップレベルのシェアを持つ企業など多く立地しています。(製造品出荷額等は、埼玉県内で常に上位)
狭山市は、昭和29年(1954年)市制施行後、工場誘致条例を制定し、積極的に企業誘致を行ってきました。昭和41年(1966年)に川越狭山工業団地が完成し、続いて昭和48年(1973年)に狭山工業団地が完成し、2つの工業団地を有することとなりました。
そして、製造品出荷額等が昭和57年(1982年)に埼玉県第1位となって以来、現在まで常に県内上位を維持しています。

本物づくりのまちとしての狭山市

狭山市は、大企業に限らず、国内トップクラスの技術や製品を有する中小企業が多く立地していると同時に、市内には「モノづくり」に対して熱意を持ち、真摯(しんし)に向き合う人々が多く働いております。
脈々と受け継がれてきた市内企業の優れた製品や技術、働く人々の存在は、「本物」のモノづくりを行う狭山市の大きな原動力であり、貴重な地域資源です。
狭山市では、素晴らしい製品と技術を有する企業と熱意を持つ人々を積極的に紹介し、特に若い世代にモノづくりへの興味と関心を持っていただくと同時に「本物づくりのまち 狭山市」ブランドを確立してまいります!!

このページに関するお問い合わせは
環境経済部 産業振興課

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。