【国事業】高収益作物次期作支援交付金

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年7月6日

新型コロナウイルスの影響による需要の減少により、市場価格が低迷するなどの影響を受けた高収益作物(野菜、花き、果樹、茶等)について、次期作に前向きに取り組む生産者の皆様を支援する制度です。

事業の概要(農林水産省)(PDF:626KB)
高収益作物次期作支援交付金(農林水産省ホームページ)(外部サイト)

支援対象者(第2回公募時)

次の要件をすべて満たす方。

  • 2020年2月から4月の間に野菜、花き、果樹、茶について出荷実績がある、または廃棄等により出荷できなかった生産者
  • 収入保険、農業共済等のセーフティネットに加入していること、または加入を検討する生産者

※3回目以降の公募では交付金の対象となる生産者の要件等が変更になる可能性があります

支援内容

次期作に前向きに取り組む生産者への支援

高収益作物の次期作において、次の取り組みのうち2つ以上を選択して実施するほ場に対し交付金を交付

  1. 生産・流通コストの削減に資する取組
  2. 生産性又は品質向上に要する資材等の導入に資する取組
  3. 土づくり、排水対策等作柄安定に資する取組
  4. 作業環境の改善に資する取組
  5. 事業継続計画の策定の取組(ただし、4と5の組み合わせは不可)

【交付単価】10アール当たり5万円(交付は、一ほ場につき1回限りとする)
<施設花き(加温栽培)>10アール当たり80万円
<施設果樹(加温栽培)>10アール当たり25万円(7月1日時点の対象はマンゴー、おうとう、ぶどう)

需要促進に取り組む生産者への支援

高収益作物の次期作において、次の取り組みのうち1つ以上を選択して実施するほ場に対し交付金を交付

  1. 新たに直販等を行うためのホームページ等の環境整備
  2. 新品種、新技術導入等に向けた取組
  3. 海外の残留農薬基準への対応又は有機農業、GAP等の取組

【交付単価】10アール当たり2万円×取組数(ただし、制限があります)

高品質なものを厳選して出荷に取り組む生産者への支援

高収益作物のうち対象となる作物において、高品質なものを厳選して出荷する取組に対して、取組をした人数・日数に応じて交付金を交付
【対象品目】花き、茶施設栽培の大葉、わさび、マンゴー、おうとう及びぶどう
【取組期間】令和2年2月以降
【交付単価】1人1日あたり2,200円

申請書様式

提出期限

2020年7月22日(水曜日)
※提出期限を再延長しました
※郵送でのご提出の場合は提出期限までに必着でお願いいたします

事業実施主体(第2回公募時)

狭山市農業再生協議会(狭山市役所農業振興課内)

※第3回目以降の公募に係る事業実施主体や申請の受付体制については、現在調整中のため、整い次第更新します

お問い合わせ・申請窓口

農業振興課農業振興担当
電話04-2953-1111(内線)2531・2532

その他

国による審査がありますので、申請されたほ場のすべてが承認されない場合があります。
第3回目以降の公募については、内容が分かり次第、お知らせいたします。

このページに関するお問い合わせは
環境経済部 農業振興課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。