狭山茶農業遺産の認定に向けて

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年10月7日

農業遺産への認定申請書結果

狭山茶農業遺産推進協議会は農業遺産への認定申請書を農林水産省関東農政局に提出しておりましたが(2020年7月29日提出期限)、一次審査(書類審査)の結果、残念ながら認定は見送られることとなりました。今後の対応につきましては、協議会で検討していく予定です。

狭山茶農業遺産推進協議会について

2017年7月26日に、狭山茶の「自園・自製・自販」というシステムの日本農業遺産及び世界農業遺産認定を目指すため、入間市・所沢市・狭山市などの11市町村、埼玉県川越農林振興センター、埼玉県茶業協会の連携で、狭山茶農業遺産推進協議会を発足しました。
当協議会では、これまで受け継がれてきた狭山茶産地の「自園・自製・自販」という、生産者自らが生産・加工・販売を一貫して行う伝統的な農業システムを、農業遺産に認定申請し、多様な生態系の維持と地域産業や観光などの振興を図る目的で活動しています。

農業遺産認定申請チラシ狭山茶農業遺産推進協議会発足の際のチラシ

狭山茶農業遺産推進協議会正会員(2020年8月現在)

・顧問:埼玉県茶業協会会長 長峰 宏芳
・会長:入間市長 田中 龍夫
・副会長:所沢市長 藤本 正人
・監事:狭山市長 小谷野 剛
・監事:飯能市長 大久保 勝
・会員:日高市長 谷ケ崎 照雄
・会員:鶴ケ島市長 齊藤 芳久
・会員:川越市長 川合 善明
・会員:坂戸市長 石川 清
・会員:ふじみ野市長 高畑 博
・会員:春日部市長 石川 良三
・会員:三芳町長 林 伊佐雄
・会員:埼玉県川越農林振興センター所長 岡 眞司 

世界農業遺産と日本農業遺産

世界農業遺産とは

世界農業遺産は、グローバル化、環境悪化、人口増加の影響により衰退の途にある伝統的な農業や文化、土地景観の保全と持続的な利用を図ることを目的に、国際連合食糧農業機関(FAO)が2002年に開始したプロジェクトです。
伝統的な農業や土地利用のみならず、生態系や土地景観、習慣、伝統文化など農業に関連する文化的な要素も含め、世界的に重要な農業地域を次世代へ継承していくことを目的とするもので、「過去の遺産」ではなく、さまざまな環境の変化に適応しながら進化し続ける「生きている遺産」と言われています。
現在、世界では15か国36地域、日本では8地域(新潟県・石川県・静岡県・熊本県・大分県・岐阜県・和歌山県・宮崎県)が認定されています。

日本農業遺産とは

日本農業遺産は、多様な伝統的農林水産業が営まれている国内の地域の価値を評価し、認知度を高め、地域の活性化につなげるため農林水産省で2016年に創設されました。
世界と日本における重要性をはじめ、歴史的または現代的重要性を有するものに対して農林水産大臣が認定する仕組みです。
現在、8地域が認定されています。

詳細・賛助会員について

狭山茶農業遺産推進協議会では、より多くの方に協議会趣旨にご賛同のうえ、賛助会員としてご参加いただきたいと思っています。なお、賛助会員としての費用負担はございません。ご参加いただける方は、狭山茶農業遺産推進協議会事務局である所沢市公式ホームページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせは
環境経済部 農業振興課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。