新型コロナウイルス感染症に関する事業者向けの金融支援などのお知らせ

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年6月16日

新型コロナウイルスの感染拡大により、影響を受けるおそれのある市内事業者の方等に、以下のとおり経営相談窓口の設置や、必要な資金を円滑に調達していただくための金融支援を実施しています。
想定される各ケースに対応した支援策について、積極的にご活用ください。

狭山市の支援制度

狭山市緊急特別資金

2020年3月5日より新型コロナウィルス感染拡大に伴い、有利な条件でご利用いただけるよう制度を見直しました。
※2020年4月14日より融資限度額の増額(1,000万円から3,000万円)及び据置期間を延長(1年から2年)しました。
申請期限:2021年3月31日まで

ご申請方法等、詳しいお手続きについてはこちらからご確認ください。

国の支援制度

雇用調整助成金

【5月21日・緊急事態宣言等対応特例が出ました】

経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、労働者に対して一時的に休業、教育訓練または出向を行い、労働者の雇用の維持を図った場合に、休業手当、賃金などの一部を助成するものです。
※緊急事態宣言対応特例について(特例の拡充など)
https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000782480.pdf(外部サイト)
※現在の雇用情勢を鑑み、2021年4月30日までの期限を2021年6月30日まで延長します。

【助成額】

休業を実施した場合に支払った休業手当に相当する額×助成率(中小企業5分の4、大企業3分の2)
ただし、解雇等を行わない場合は助成率(中小企業10分の10、大企業4分の3)
1日当たりの上限額15,000円

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金

【5月28日・申請期限が延長されました

新型コロナの影響で休業させられた中小企業の労働者のうち、休業中に賃金(休業手当)を受けることができなかった方に対して、当該労働者の申請により、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金を支給するもの。
※休業支援金・給付金の中小企業のシフト制労働者等の休業に関する申請期限の延長について
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_18923.html(外部サイト)

2020年4月から9月まで、また10月から12月までの休業に関する申請期限などを2021年5月末としていたところですが、今般、申請期限を7月末に延長しました。

【支援金額】

休業前の1日当たり平均金額(上限11,000円)×80%×(各月の日数ー就労した又は労働者の事情で休んだ日数)

【問い合わせ先】

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金コールセンター
電話番号:0120-221-276
受付時間:月曜日から金曜日8時30分から20時まで、土曜日、日曜日、祝日8時30分から17時15分まで

その他融資制度等の情報まとめ

特別相談窓口の設置、セーフティネット貸付の要件緩和等についてご案内をしています。国の施策については、随時更新されていますのでご覧ください。

埼玉県の支援制度

埼玉県感染防止対策協力金(第10期)

【2021年6月3日・申請のご案内、申請書がアップされました】

営業時間時間短縮要請の期間延長等(5月12日から5月31日まで)に伴い、当該要請に協力した飲食店(カラオケ店、バーを含む)を運営する事業者に感染防止対策協力金を支給します。

【申請期間】

2021年6月1日(火曜日)から2021年7月26日(月曜日)まで

【支援金額】

全期間協力した場合(前年または前々年の売上高に応じて変動します)

(ア)個人事業主・中小企業の場合

1店舗あたり50万円から150万円

(イ)大企業などの場合

1店舗あたり最大400万円

【主な支給要件】

(1)原則として、2021年5月12日から2021年5月31日までのすべての期間において、要請に応じ、夜20時から翌朝5時までの間の営業を行わない(休業含む)こと。

※酒類を提供する飲食店は、酒類の提供を自粛していること。

※通常時は夜20時以降まで営業をしていたこと。

(2)彩の国「新しい生活様式」安心宣言を遵守し、店頭に掲示していること。

(3)彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス)による認証を受けていること(休業していた場合を除く)。

(4)「埼玉県LINEコロナお知らせシステム」のQRコードを店頭に掲示していること。

(5)食品衛生法に基づく飲食店営業許可または喫茶店営業許可、その他必要な許認可を受けていること。

(6)暴力団、暴力団員等の反社会的勢力に属する者及び代表者又は役員が暴力団員等となっている法人でないこと。また、暴力団員等が経営に事実上参画していないこと。

※QRコードという名称は株式会社デンソーウェーブの登録商標で、現在日本で普及している二次元コードです。狭山市はQRコードを二次元コードと表記しています

【申請方法】

電子申請
http://shinsei-saitama-pref.force.com/s/(外部サイト)

【問い合わせ先】

以下の埼玉県のホームページをご確認ください。
電話でのお問い合せは埼玉県中小企業等支援相談窓口まで
電話:0570-000-678

埼玉県感染防止対策協力金(第9期)

【2021年5月18日・申請受付を開始しました】

営業時間時間短縮要請の期間延長等(4月20日から5月11日まで)に伴い、当該要請に協力した飲食店(カラオケ店、バーを含む)を運営する事業者に感染防止対策協力金を支給します。

【申請期間】

2021年5月18日(火曜日)から2021年7月12日(月曜日)までを予定

【支援金額】

前年度または前々年度の売上高に応じて変動
https://www.pref.saitama.lg.jp/documents/197008/kyouryokukin2.pdf(外部サイト)
【主な支給要件】

(1)原則として、2021年4月20日から2021年5月11日までのすべての期間において、要請に応じ、夜20時から翌朝5時までの間の営業を行わない(休業含む)こと。

※酒類を提供する飲食店は、2021年4月20日から2021年4月27日までの間、酒類の提供を朝11時から夜20時までとしていること。

※酒類を提供する飲食店は、2021年4月28日から2021年5月11日までの間、酒類の提供を自粛している(1人のみ、同居家族のみのグループを除く)こと。

※通常時は夜21時以降まで営業をしていたこと。

(2)彩の国「新しい生活様式」安心宣言を遵守し、店頭に掲示していること。

(3)「埼玉県LINEコロナお知らせシステム」のQRコードを店頭に掲示していること。

(4)食品衛生法に基づく飲食店営業許可または喫茶店営業許可、その他必要な許認可を受けていること。

(5)暴力団、暴力団員等の反社会的勢力に属する者及び代表者又は役員が暴力団員等となっている法人でないこと。また、暴力団員等が経営に事実上参画していないこと。

※QRコードという名称は株式会社デンソーウェーブの登録商標で、現在日本で普及している二次元コードです。狭山市はQRコードを二次元コードと表記しています

【申請方法】

電子申請
https://shinsei-saitama-pref.force.com/s/(外部サイト)

【問い合わせ先】

以下の埼玉県のホームページをご確認ください。
電話でのお問い合せは埼玉県中小企業等支援相談窓口まで
電話:0570-000-678(平日・休日とも9時から18時まで)

このページに関するお問い合わせは
環境経済部 産業振興課

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。