埼玉県新型コロナウイルス感染防止対策支援事業費補助金

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年7月27日

当補助金は、国の補助制度である令和2年度第3次補正予算「小規模事業者持続化補助金<低感染 リスク型ビジネス枠>」
において補助対象とされている感染防止対策費の事業者負担分を軽減することにより小規模事業者が行う感染防止対策のより一層の促進を図ることを目的に埼玉県が行っている事業です。

対象者

本補助金の交付対象者は、次の要件をすべて満たす必要があります。
(1)商工会及び商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律(平成5年法律第51号)に定める小規模事業者及び特定非営利活動促進法(平成10年法律第7号)に定める特定非営利活動法人(以下「小規模事業者等」という。)であること。
(2)県内の飲食店(カラオケ店、バー等を含む。)を運営する法人又は個人事業主であること。
(3)食品衛生法に基づく飲食店営業許可又は喫茶店営業許可を取得した上で、県内に実店舗を有し、利用客が飲食するスペースを設けて飲食店を運営していること。
(4)知事の定める感染防止対策を行っていること。
  ア 『彩の国「新しい生活様式」安心宣言』を遵守し、店頭に掲示していること。
  イ 「埼玉県LINEコロナお知らせシステム」の二次元コード(※)を店頭に掲示していること。
  ウ 彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス)の認証を受けていること。
  エ 業種別ガイドラインに基づく感染予防対策を行っていること。
(5)国の小規模事業者持続化補助金に係る確定通知書を受けていること。
(6)国、法人税法別表第1に規定する公共法人ではないこと。
(7)政治団体又は宗教上の組織若しくは団体ではないこと。
(8)代表者、役員、従業員又は構成員等が暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団又は反社会的勢力(以下、「暴力団等」という。)に属しておらず、かつ、暴力団等が経営に事実上参画していないこと。
(9)その他知事が適当でないと認めた者に該当しないこと。(例)県税全般に滞納額がないこと。
※QRコードという名称は株式会社デンソーウェーブの登録商標で、現在日本で普及している二次元コードです。狭山市はQRコードを二次元コードと表記しています

補助対象経費

国の小規模事業者持続化補助金で補助対象となる感染防止対策費(県内の飲食店を対象とした経費に限る。)の事業者負担分(4分の1)。
当該事業者負担分について、市町村など他の自治体の補助金と重複して本補助金の交付を受けることはできません。
なお、交付決定を行った日以前であって、かつ、補助対象経費の遡及適用日(2021年(令和3年)1月8日)以降に発生した経費であり、交付決定前の実施が必要であったとして国の持続化補助金で補助対象とされた経費については、補助対象とすることができます。

交付額

(1)補助率 補助対象経費の10/10以内
(2)補助限度額 166,000円  ※ 千円未満の端数は切捨て

申請受付期間

2021年8月2日(月曜日)から2022年1月31日(月曜日)必着

当補助金に関する詳細

当補助金に関する詳細は、県のホームページよりご確認ください。

このページに関するお問い合わせは
環境経済部 産業振興課

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。