埼玉県知事からの県民・事業者へのお願い(2020年11月4日更新)

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年11月4日

11月4日、埼玉県知事は、県内の新規陽性者数の状況から、専門家の意見等を踏まえ以下のとおり協力を要請しています。
市民及び市内事業者の皆様におかれましては、協力要請に基づいた生活・営業を心がけ、感染予防に努めていただきますようお願いします。
【11月4日発表】知事からのお願い(外部サイト)

【11月4日発表】知事からのお願い

感染リスクを下げるための5つのポイント

場面注意するポイント
1.飲食を伴う懇親会等大声での会話、お酌は避けて
2.大人数や長時間の飲食大人数、長時間の飲食、はしご酒は避けて
3.マスクなしでの会話外出時、職場ではマスクを着用
4.狭い空間での共同生活相部屋では十分な換気、できるだけマスクの着用、共用部分の消毒
5.居場所の切り替わり休憩室、喫煙所、更衣室での3つの密回避、ソーシャルディスタンスの確保

これまでの「感染リスクを避けるための5つのポイント」、これまで知見がずいぶん溜まってまいりましたので、改めてこの機会にお願いをさせていただきたいと思います。
まず、飲酒を伴う懇親会のシーズンが近づいておりますが、そこではお酒が入ると声が大きくなりやすい、そこで大声での会話をあえて意識して避けていただく、またお酌についても避けていただきたいと思います。
また、大人数や長時間の飲食は、感染リスクを高めます。大人数、長時間での飲食、あるいははしご酒はぜひ自粛をお願いしたいと思います。
なお、お店は、感染症対策がとられている彩の国「新しい生活様式」安心宣言の店を選んでいただき、それ以外のお店は利用しないでいただきたいと思います。
マスクなしでの会話では、広範囲に飛沫が拡散しますので、外出時あるいは職場などでは、必ずマスクを着用していただきたいと思います。
寮などの共同生活では、十分な換気、マスク着用、共用部分のこまめな消毒をお願いをいたします。
また、居場所が切り替わる場面、例えばですけれども、仕事をしている時に休憩室、喫煙室に行く、あるいは更衣室、こういったところではマスクを外したまま、会話をしがちであります。密閉、密集、密接の3つの密が重なる場合もありますので、ぜひ避けていただきたいと思います。
大人数が集まる場所で、人が密集し、感染が拡大したケースがあるため、特にソーシャルディスタンスの確保に配慮していただきたいと思います。
感染防止は県民の皆様のお一人お一人のご協力にかかっています。ぜひとも引き続き、協力をお願いを申し上げます。
埼玉県知事 大野元裕(11月4日発表:知事定例記者会見より、一部抜粋)

【10月19日発表】(10月27日更新)知事からのお願い

会食、飲み会でのお願いであります。
この週末はハロウィンが控えています。御友人同士などが御自宅や飲食店で、会食や飲み会を予定してる方もおられると思います。
GoToEatで、お食事をされる方もおられるでしょう。
こういった会食や飲み会では、マスクをはずし、会話が弾むため、感染リスクがあると専門家会合でも指摘をされたところであり、実際にクラスターが発生した事例もあります。
そこで、改めて会食、飲み会で注意をしていただきたい点についてお願いをいたします。
まず、お店を選ぶ際には、感染症対策が十分にとられている彩の国「新しい生活様式」安心宣言の店(外部サイト)を選んでいただき、感染症対策が十分にとられていないお店の利用は控えていただきたいと思います。
また、埼玉県では、接触確認アプリ等で通知を受けた方が全員がPCR検査を受けることができる体制(外部サイト)を作っています。
国の接触確認アプリ「COCOA」(外部サイト)「LINEコロナお知らせシステム」(外部サイト)の活用をお願いをいたします。
また大人数での会食、飲み会は引き続き自粛をお願いいたします。
また、長時間にならないよう、深酒、はしご酒などは控え、体にやさしい酒の飲み方をしていただきたいと思います。
また、座席におきましては、目の前と正対する、いわゆる対面を避けて、隣に来られたとしても一定の間隔を空けて座るなど、配席に工夫をお願いいたします。お酒が入ると声が大きくなったりします。コロナ感染の意識を常に片隅においていただき、大声での会話やあるいは回し飲みは避けていただき、楽しく飲んでいただきたいと思います。
なお会食だけではありませんけれども、発熱等がある方は、くれぐれも参加を控えていただきたいと思います。
楽しい季節にはなりますが、コロナ感染症の拡大を防止するためにも、お一人おひとりが、しっかりと感染防止策を実施する必要があります。引き続きのご協力をお願い申し上げます。
埼玉県知事 大野元裕 (10月27日発表:定例記者会見の知事発言内内容より、一部抜粋)

会食・飲み会でのお願い

  • 感染症対策が十分にとられていない施設の利用回避
  • 国の接触確認アプリ、LINEコロナお知らせシステムの活用
  • 大人数での会食・飲み会は自粛
  • 対面を避けた配席、一定の間隔を確保
  • 大声での会話、回し飲みは避けて
  • 発熱等の症状がある方は、参加は控えて

【9月1日発表】知事からのお願い

最近家庭内での感染の割合が増えており、特に次の点について、県民の皆様にお願いをしたいと思います。
家庭内での感染防止の前に、大切なことは、家庭内での感染防止はなかなか困難であります。そこで、ご家族のために最善のことはウイルスを持ち込まないということであります。そのため基本ではありますけれども、密集、密接、密閉の3つの密を避けていただきたいと思っています。また、手指の消毒、マスクの着用、社会的距離の確保、改めてしっかりと実践をしていただきたい。特に、ご帰宅された時には、すぐに手や顔を洗う。これを習慣としていただきたいと思います。
また、体調が悪い、あるいは感染が疑われる、こういった場合、こういった方がおられる場合には、これはコロナウイルスに限りませんけれども、感染症すべてに共通して役立ちますが、できるだけ体調が悪い方の部屋を分けていただく。あるいは家庭内であってもマスクを着用していただく。そして定期的な換気、あるいはドアノブなどの手で触れる共用部分の消毒をお願いをいたします。
特に、これらについては、ご家庭の中に高齢者や基礎疾患のある方がおられる場合には、配慮をお願いをいたします。
感染拡大を防ぐためには、一人一人の感染防止策の徹底が大切です。ぜひ、ご家族、愛する方を守るために、ご協力を引き続きお願いいたします。
埼玉県知事 大野元裕 (9月3日発表:知事メッセージより、一部抜粋)
宿泊療養施設確保計画の見直し等に関する知事メッセージ(9月3日)(テキスト版)(外部サイト)

家庭内での感染防止についてのお願い

ウイルスを持ち込まない

  • 3つの密を避ける(密集、密接、密閉)
  • 外出先でも手指の消毒、マスクの着用、社会的距離の確保
  • 帰宅後、直ぐに手や顔を洗う

体調が悪いなど感染が疑われる場合

  • できるだけ部屋を分ける、家庭内でもマスクを着用
  • 定期的な換気、手で触れる共用部分の消毒
  • 高齢者や基礎疾患のある方には特に注意

やめよう コロナ差別

新型コロナウイルス感染者やその家族などに対する不当な差別、偏見、いじめがあってはなりません
新型コロナウイルス感染症に関わる偏見や差別が受診をためらわせ、感染を再拡大させてしまうという負のスパイラルが懸念されます

  • 一人ひとりが思いやりのある気持ちを持つことが大切です
  • 公的な機関の提供する正確な情報に基づき、冷静な行動をしよう
  • ワンチームとなって負のスパイラルを断ち切りましょう

【8月24日発表】知事からのお願い

県民の皆さまへ

1.発熱の症状があるなど体調の悪い人の外出自粛(医療機関への受診等を除く)
(特措法第24条第9項)
2.夜の繁華街に限らず、感染症対策が十分にとられていない施設の利用回避
(特措法第24条第9項)
3.国及び県の接触確認アプリの活用
(特措法第24条第9項)
新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)(外部サイト)の詳細を見る
埼玉県LINEコロナお知らせシステム(外部サイト)の詳細を見る
4.密閉・密集・密接の「3つの密」の回避
5.大人数での会食、飲み会の自粛
6.飲食店での大声の会話など大声を出す行動は自粛

事業者の皆さまへ

1.彩の国「新しい生活様式」安心宣言(外部サイト)及び業界のガイドラインを活用し、感染症対策を徹底
(特措法第24条第9項)
2.テレワーク、時差出勤のさらなる推進
(特措法第24条第9項)
3.キャバクラ店やホストクラブなど接待を伴う飲食店のうち、業界ガイドラインに従った感染症対策が徹底されていない施設の使用停止
(特措法第24条第9項)
業界のガイドライン(外部サイト)
彩の国「新しい生活様式」安心宣言(埼玉県社交飲食業生活衛生同業組合)(外部サイト)
4.国及び県の接触確認アプリの導入促進
(特措法第24条第9項)
新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)(外部サイト)の詳細を見る
埼玉県LINEコロナお知らせシステム(外部サイト)の詳細を見る
5.彩の国「新しい生活様式」安心宣言の早期策定
6.クラスター発生時における施設の従業員、利用者のPCR検査受検

都内への外出についてのお願い

  • 高齢者や基礎疾患のある方の都内への不要不急の外出自粛
  • 都内への観光は自粛、旅行や観光は近場や県内へ
  • 都内での夜の繁華街への外出の自粛
  • 都内での大人数での会食、飲み会の自粛

関連リンク

このページに関するお問い合わせは
長寿健康部 健康づくり支援課

狭山市狭山台3丁目24番地

電話:04-2956-8050

FAX:04-2959-3074

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。