新型コロナウイルス感染症の“いま”についての11の知識(2021年2月時点)

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年3月10日

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症に関する現在の状況とこれまでに得られた科学的知見について、新たに11の知識としてとりまとめ、ホームページで公表しています。
これは2020年10月末時点から2021年2月末時点で公開されていた情報を、更新したものです。
新型コロナウイルス感染症の発生をさらに抑えるためには、1人ひとりが最新の知識を身につけて正しく対策を行っていただくことが何よりも重要です。ぜひご覧ください。(※最新の情報は、厚生労働省ホームページ(外部サイト)からご確認ください。)

“いま”についての11の知識(2021年2月時点)

新型コロナウイルス感染症の患者数・病原性

1.日本では、どれくらいの人が新型コロナウイルス感染症と診断されていますか。
2.新型コロナウイルス感染症と診断された人のうち、重症化する人や死亡する人はどれくらいですか。
3.新型コロナウイルス感染症と診断された人のうち、重症化しやすいのはどんな人ですか。
4.海外と比べて、日本で新型コロナウイルス感染症と診断された人の数は多いのですか。

新型コロナウイルス感染症の感染性

5.新型コロナウイルスに感染した人が、他の人に感染させる可能性がある期間はいつまでですか。
6.新型コロナウイルス感染症と診断された人のうち、どれくらいの人が他の人に感染させていますか。
7.新型コロナウイルス感染症を拡げないためには、どのような場面に注意する必要がありますか。

新型コロナウイルス感染症に対する検査・治療

8.新型コロナウイルス感染症を診断するための検査にはどのようなものがありますか。
9.新型コロナウイルス感染症はどのようにして治療するのですか。
10.接種の始まった新型コロナワクチンはどのようなワクチンですか。今後どのように接種が進みますか。

新型コロナウイルスの変異株

11.新型コロナウイルスの変異について教えてください。

参考:これまでに発表された「新型コロナウイルス感染症の“いま”についての知識」

【注意】新規陽性者増加中

市内においては、新規陽性者数が増加しております。
家庭内や職場内の陽性者から、同居家族や職場の同僚に感染したと疑われる事例もあることから、感染拡大防止のために手洗い・手指の消毒、マスクの着用、3密回避を徹底するとともに、日夜を問わない不要不急の外出自粛を徹底し、体調不良を感じた際には、出勤・通学・外出を控えていただきますよう、改めてお願いいたします。
そして、発熱等がある際には、「埼玉県指定診療・検査医療機関検索システム(外部サイト)(外部サイト)」を利用し、医療機関を受診いただきますようお願いいたします。
家庭内での感染に注意しましょう
感染確認状況
緊急事態宣言についてはこちら

このページに関するお問い合わせは
長寿健康部 健康づくり支援課

狭山市狭山台3丁目24番地

電話:04-2956-8050

FAX:04-2959-3074

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。