教育長のメッセージ(2020年5月29日)

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年5月29日

狭山市教育長のメッセージ(2020年5月29日発表)

 3月から続(つづ)いている臨時休校(りんじきゅうこう)により、自宅(じたく)で過(す)ごす生活が続きました。
 狭山市内の幼稚園(ようちえん)・小・中学生の皆(みな)さんは、新型(しんがた)コロナウイルス感染症(かんせんしょう)の拡大防止(かくだいぼうし)に向けて一人一人ができることを続けながら、自主学習(じしゅがくしゅう)や家庭での過ごし方の工夫(くふう)をし、家族(かぞく)と過ごす時間が増えたからこそ経験(けいけん)できたことや、健康(けんこう)・安全の尊(とうと)さを感じられたのではないかと思います。また、家族や友だち、地域(ちいき)の方などとのつながりの大切さも考えるきっかけとなったのではないかと思います。
 5月26日には緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)が解除(かいじょ)され、狭山市も少しずつ落ち着きを取り戻し始めていますので、6月1日から学校を再開いたします。
 幼稚園や学校を再開することにあたり、狭山市教育委員会では、感染防止に向けた生活のきまりなどを決め、幼稚園や学校の職員(しょくいん)と協力し、皆さんの健康・安全を守るために様々(さまざま)なことに目を向け、安心して幼稚園や学校の生活を送ることができるように準備(じゅんび)を進めています。
 6月1日からは、健康に気を付けて、元気な笑顔で、新しい学年・学級のお友達や先生と楽しく過ごし、伸び伸びと成長してくれることを期待(きたい)しています。
 

     保護者や市民の皆様には、通常の教育活動に戻ることができますよう、家庭での見守りや健康観察、規則正しい生活等について、引き続きご協力をお願いし、重ねて感染防止対策の徹底をお願いいたします。
     なお、6月1日以降の学校再開については、埼玉県教育委員会の方針などを踏まえ、臨時休校前の通常の教育活動を最終段階として、それまでの段階を次の3つの期間に分け、少しずつ教育活動を増やしていく予定です。
     まず、6月1日(月曜日)から6月8日(月曜日)までを第1段階として、学校生活に慣れるために、クラス半数程度ずつが登校する分散登校により、3時間程度の授業をおこないます。
     6月9日(火曜日)から6月13日(土曜日)までは第2段階の前半として、学校生活のリズムを取り戻すために、小学校1年生から中学校2年生までは、午前中に4時間程度の授業を行い、小学校2年生以上は、平日は給食を食べて、下校します。中学校3年生については、通常の授業が始まり、午後も授業をします。
     6月15日(月曜日)からは第2段階の後半として、小・中学生全員が、午前・午後とも通常の授業が始まり、小学校1年生も給食が始まります。

     健康・安全に配慮し、感染拡大の軽減のために、狭山市内幼稚園・小中学校では次の事項を主な基本方針として、学校ごとに様々な取組を行います。
    (1)保護者と連携した健康管理の徹底

    •  登校前の健康観察カードを活用した朝夕の検温、健康観察の徹底、必要事項の記入、提出及び、同居家族の体調管理
    • 体調不良(発熱、咳等の風邪症状、倦怠感がある場合)の場合、登校させないようお願いします。その場合の自宅休養は「出席停止」となります。

    (2)マスク着用

    • 登下校中や校内では、飛沫防止の観点からマスクを着用するよう指導します。

    (3)咳エチケット

    • マスクをせずに咳をするときは、袖やハンカチで口を覆うこと、人のいない方に顔を向けることを指導します。

    (4)手洗い

    • 外から教室等に入る時やトイレの後、給食(昼食)の前後など、こまめに手を洗うよう、声をかけていきます。
    • 手洗いの際は、指や爪の間も石けんを使用し、しっかりと洗う習慣を身につけさせていきます。
    • 手を拭くハンカチやタオルは個人持ちとし、共用しないよう指導します。

    (5)「3つの密」を避ける

    1換気の悪い密閉空間をつくらないよう工夫します。

    • 換気は気候上可能な限り常時、可能であれば2方向の窓を同時に開けて生活します。

    2多くの人が密集する場所をつくらないよう工夫します。

    • 手の届く距離に多くの人がいないよう身体的距離を確保します。

    3近距離での会話や発声等の場面をつくらないよう工夫します。

    • 対面での活動や少人数での話し合い等、近距離で活動する密接場面を作らないよう工夫します。

    (6)休み時間・放課後

    • 教室・廊下等の窓を開放し、換気に努めます。
    • こまめに手洗い、うがいの呼びかけをします。
    • 終業後は、速やかに下校させます。

    (7)給食

    • 給食前には、児童生徒等全員がマスクの着用、手洗いを徹底します。
    • 可能な限り教職員が配膳します。給食当番が配膳する場合は、手洗い・うがい・手指の消毒を徹底してから行わせます。
    • 机と机の間隔を可能な限り空け、机を向かい合わせにしないで、会話を控えて前向きで食べます。

    (8)清掃

    • 児童生徒の清掃は必要最低限の場所とし、可能な限り窓を開け、十分に換気をします。
    • 清掃時はマスクを着用させ、短時間で行うよう工夫します。
    • 終了後は、石けんによる手洗いと、うがいをさせます。

    (9)消毒

    • 登校時、下校前等可能な範囲で消毒を行うよう声かけをします。
    • 1日に数回、ドアノブや窓のさん、階段の手すりなどに消毒液をスプレーし、きれいな布等でふきとって消毒を行います。

    このページに関するお問い合わせは
    学校教育部 教育指導課

    狭山市入間川1丁目23番5号

    電話:04-2953-1111

    FAX:04-2954-6262

    この情報は役に立ちましたか?

    お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。