市長のメッセージ(2021年1月8日)

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年1月13日

動画


動画提供:狭山ケーブルテレビ株式会社

テキスト

狭山市長のメッセージ(2021年1月8日発表)

 
 1月7日、政府から1都3県に対して緊急事態宣言が発令されました。皆さんご承知のとおり、東京都では一気に1000人新規の陽性者が増え、他の3県につきましても、連日、陽性者数が最多を更新しております。本市でも感染者数が増加し、12月末における感染者数のほぼ半数が若い世代の方となっております。

 このような状況の中、皆様には昨年1年間、感染拡大防止に取り組んでいただき感謝を申し上げます。そのおかげで本市は他市に比べ低いレベルで現在の状況を抑えることができています。しかしながら、保健所の皆さんや医療現場での大変厳しい声が私の耳に寄せられています。この緊急事態宣言がいつ解除になるのかわかりませんが、一日も早く、私たちの努力によって緊急事態宣言が解除され、いつもの生活を取り戻すことができるよう皆さんにご協力をいただきたいと思います。

 本市としては今回の緊急事態宣言を受けて次のような対応を決めました。まず、屋内の公共施設の休館を実施いたします。現在、予約済の場合におきましても、人の流れを絶つという政府の基本的な方針を重視いたしまして、予約を取り消していただきたいと思います。次に、屋外の公共施設の夜間利用を休止いたします。原則として19時以降のすべての利用を休止いたします。また、市主催のイベントや行事を中止または延期といたします。1月10日に予定しておりました成人式も、開催できないかとギリギリまで検討いたしましたが「延期」といたしました。

 また、市役所でも職員の交代制在宅勤務を実施するなど、一事業所としての姿勢も見せていきたいと思っております。

 皆さんが一番不安に思っているワクチン接種については1月7日に「新型コロナウイルスワクチン接種推進プロジェクトチーム」を立ち上げ、一日も早く皆さんにワクチンを打っていただくよう準備を進めております。おそらく市民の皆さんにワクチンが行き届くには1年ほど時間を要することが想定され、長期的な取り組みとなりますが、感染拡大の防止、また罹患した際の軽症化など、今考えられうる唯一の希望であると思っております。この事業についても市として責任をもってやり遂げていきたいと思います。

 大変厳しい状況であり、改めてこの間、市民の皆さんにはマスクの着用、手指消毒、そしてできる限りのソーシャルディスタンス、様々なことに取り組んでいただきましたが、この新型コロナウイルスが変異し、より高い感染力を持ったとの情報もあります。

 このコロナウイルス、今までの対策の中で分かってきたことがあります。その一つは私たちの人の絆を利用し拡大していくということであります。それは大事な家族であり、大事な友人であり、大事な会社の同僚であり、近所の方などです。気が付けば身近な人に感染させてしまうことになります。そして、その先、不眠不休で戦ってくれている医療従事者、保健所の保健師さんへと繋がっていきます。その皆さんも誰かの父親であり母親であり子どもであります。一日も早く、こういう状況に終止符を打つように、皆さんのさらに一歩進んだ取り組みをお願いしたいと思います。市長として心からのお願いです。よろしくお願いいたします。

このページに関するお問い合わせは
総合政策部 秘書課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。