新型コロナウイルス感染症の感染拡大の軽減についての方針

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年8月27日

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の軽減についての、市内小中学校の取組みの基本方針です。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の軽減に向けた狭山市教育委員会の考え方

 今般の感染状況を見据えると、新型コロナウイルス感染症については長期的な対応が求められることが見込まれる状況です。
 こうした中でも、持続的に児童生徒等の教育を受ける権利を保障していくため、学校における感染及びその拡大のリスクを可能な限り低減した上で、学校運営を継続していく必要があると考えます。
 そこで今般の新型コロナウイルス感染拡大の状況と文部科学省や埼玉県教育委員会の通知等を鑑み、市内小中学校が持続可能な感染拡大防止対策を継続することを目的とし、以下の基本的な方針を示しました。
 市内の保護者の方はもちろんのこと、地域の方にも、市内小中学校の新型コロナウイルス感染症の感染拡大の軽減に向けた持続可能な取り組みについて、ご理解とご協力をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の軽減についての方針

市内公立小中学校の教室等に設置されている空調について(お知らせ)

 市内の公立小中学校の教室等には、空調設備としてエアコンが設置されています。
 併せて、換気システムも導入されています。
 換気システムを備えていない一般的なエアコンを使用する場合は、密室を避けるため、換気の必要性が強く求められていますが、狭山市の換気システムの性能を十分に生かすには、作動中に窓を開けないほうがよいと説明されており、市内の小中学校では、気温の高い日の授業中は、エアコンを作動させ、換気システムも稼働させることで空気の循環をしていきます。
 また、休み時間には空気の入れ替えのために窓の開放もします。

学校施設の清掃、消毒に関する方針について

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大の軽減に向けた市立小学校・中学校の取り組み方針については、文部科学省や埼玉県教育委員会の通知等に鑑み、上記の「新型コロナウイルス感染症の感染拡大の軽減についての方針」の通りです。
 ここで、文部科学省から通知が出ている「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~」について改訂がありましたので、主な改訂箇所を紹介します。
 市立小学校・中学校につきましては、文部科学省より示されている衛生管理マニュアルや埼玉県教育委員会の通知等、また狭山市教育委員会の新型コロナウイルス感染症の感染拡大の軽減についての方針をもとに、引き続き持続可能な取り組みを継続してまいります。

衛生管理マニュアルの主な改訂箇所(学校施設の清掃、消毒について)

・清掃により清潔な空間を保ち、健康的な生活により児童生徒の免疫力を高め、手洗いを徹底する。
・通常の清掃活動の中にポイントを絞って消毒の効果を取り入れる。
・大勢の人がよく手を触れる場所(ドアノブ、手すり等)は、1日1回、消毒を行う。

このページに関するお問い合わせは
学校教育部 教育指導課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。