4種混合ワクチンの一部製品の自主回収に伴う抗体検査及び追加接種に関するお知らせ

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2019年10月25日

令和元年6月、4種混合ワクチンの一部製品について、製造元の一般財団法人 阪大微生物病研究所(以下、「阪大微研」)より、有効成分の1つ(不活化ポリオウイルス3型D抗原量)が有効期限内に承認規格を下回ったため、当該製品を自主回収するという発表がありました。
令和元年10月の厚生労働省から、実際には、規格にはいくらか余裕があり、下限値よりもある程度少ない量のワクチンを接種した場合でも抗体がつくという、臨床試験の結果が出ており、このため、今回の製品を使用した場合であっても、十分な抗体が得られている可能性が高く、追加接種をする必要はないとの通知がありました。
 ただし、免疫の獲得状況に不安がある方は、ポリオの抗体検査と、その検査結果によっては追加の予防接種についても、阪大微研の費用負担にて受けることができます。
お子様が接種したワクチンの製造番号は、母子健康手帳でご確認いただき、接種した医療機関へご相談ください。

対象製品(製造番号)

製造番号 製造年月日 有効期限
4K23A 2017年3月9日 2019年6月8日
4K23B 2017年3月10日 2019年6月9日
4K23C 2017年3月11日 2019年6月10日
4K24A 2017年5月10日 2019年8月9日
4K24B 2017年5月11日 2019年8月10日
4K24C 2017年5月12日 2019年8月11日

本件に関するお問い合わせ

一般財団法人阪大微生物病研究会 問い合わせ窓口
フリーダイヤル 0120-280-980(土・日祝日を除く9:00から17:30)

このページに関するお問い合わせは
長寿健康部 保健センター

狭山市狭山台3丁目24番地

電話:04-2959-5811

FAX:04-2959-3074

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。