乳幼児揺さぶられ症候群を知っていますか?-「赤ちゃんが泣きやまない」DVD動画がみられます

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2015年2月26日

乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)とは

赤ちゃんは激しく揺さぶられると、首の筋肉が未発達なために脳が衝撃を受けやすく、脳の損傷による重大な障害を負うことや、場合によっては命を落とすことがあります。
これを「乳幼児揺さぶられ症候群」といいます。
詳しくは、埼玉県ホームページ(新規ウィンドウを開きます)(外部サイト)または厚生労働省ホームページ「乳幼児揺さぶられ症候群の予防と赤ちゃんが泣きやまない-泣きへの理解と対処のために-(DVD)(新規ウィンドウを開きます)」(外部サイト)をご覧ください。

このページに関するお問い合わせは
長寿健康部 保健センター

狭山市狭山台3丁目24番地

電話:04-2959-5811

FAX:04-2959-3074

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。