2022年度低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(2022年7月5日現在)

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2022年7月4日

食費等の物価高騰等に直面する低所得の子育て世帯に対し、「2022年度低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金」を支給することが2022年4月26日の閣議において決定しました。
給付金には区分(「ひとり親世帯分」、「ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯分」)があります。重複して給付金の支給はできません。給付金の支給は1回限りです。
【2022年7月5日更新情報】
・ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯分について、支給対象者のフローチャート(PDF:200KB)を掲載しました。
【2022年6月23日更新情報】
・ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯分について、児童手当4月分受給者で、住民税均等割非課税に該当される方に対し、積極支給のお知らせを郵送しました。この通知を受けた方の支給日は2022年6月30日(木曜日)です。
・ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯分のチラシを掲載しました。
・ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯分の申請方法について、内容を更新しました。(郵送希望者へのフォームを設置しました。)

ひとり親世帯分

支給対象者

児童扶養手当の支給要件に該当し、かつ以下(1)から(3)までのいずれか一に該当する方
フローチャート(PDF:424KB)で確認してください。

caption
支給対象者・支給要件申請の必要・不要等
(1)児童扶養手当2022年4月分の支給を受けた方(支給停止中の方を除く)

申請不要で、2022年6月10日(金曜日)に支給しました。

(2)(1)に該当しない方で、公的年金(遺族年金、障害年金等)を受給し、申請者、申請者と同居する扶養義務者双方の2021年中の収入が、児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている場合

申請が必要です。申請書は市役所こども支援課にあります。申請受付期間は、2022年7月1日(金曜日)から2023年2月28日(火曜日必着)までです。

(3)(1)に該当しない方で、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、申請者、申請者と同居する扶養義務者双方の直近の収入が、児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている場合申請が必要です。申請書は市役所こども支援課にあります。申請受付期間は、2022年7月1日(金曜日)から2023年2月28日(火曜日必着)までです。

支給額

児童扶養手当法に定める児童1人当たり一律5万円(支給は1回限り)

申請が必要な方へのご案内

申請書はこども支援課にあります。郵送で申請書を自宅へ郵送しますので、希望者は郵送フォームに入力してください。

留意事項

上記支給対象者として複数の要件に該当する場合でも、支給は1回限りです。
既に、2022年度低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分またはひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯分)において、給付金の支給を受けた方は、この給付金の支給を受けることができません。

ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯分

対象児童

2004年4月2日から2022年3月31日までの間に生まれた方
2022年4月1日から2023年2月28日までの間に新たに生まれた方も対象です。

支給対象者

下表の「養育要件」及び「所得要件」の両方に該当される方
フローチャート(PDF:200KB)で確認してください。

養育要件所得要件申請の必要・不要等
対象児童の主たる生計維持者が「公務員以外」で、2022年4月分の児童手当の支給を受けている場合2022年度分の住民税均等割が非課税である場合

申請不要で、2022年6月30日(木曜日)に支給しました。

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、申請者、配偶者等の双方の直近の収入が、住民税均等割が非課税である方と同様の事情にあると認められる方申請が必要です。申請書は市役所こども支援課にあります。申請受付期間は、2022年7月1日(金曜日)から2023年2月28日(火曜日必着)までです。
対象児童の主たる生計維持者が「公務員以外」で、2022年4月分の特別児童扶養手当の支給を受けている場合2022年度分の住民税均等割が非課税である場合

申請は不要です。対象となる方には、お知らせを2022年7月中旬に郵送します。支給日は、2022年7月29日(金曜日)の予定です。給付金の支給を辞退される場合は、低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯分)受給拒否の届出書(PDF:85KB)をダウンロードし、必要事項を記入の上、2022年7月19日(火曜日)必着で狭山市こども支援課に提出してください。

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、申請者、配偶者等の双方の直近の収入が、住民税均等割が非課税である方と同様の事情にあると認められる方申請が必要です。申請書は市役所こども支援課にあります。申請受付期間は、2022年7月1日(金曜日)から2023年2月28日(火曜日必着)までです。
対象児童の主たる生計維持者が「公務員」で、2022年4月分の児童手当または特別児童扶養手当の支給を受けている場合2022年度分の住民税均等割が非課税である場合
新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、申請者、配偶者等の双方の直近の収入が、住民税均等割が非課税である方と同様の事情にあると認められる方

養育要件所得要件申請の必要・不要等
2022年4月1日から2023年6月30日までに生まれた児童の主たる生計維持者が「公務員以外」で、当該児童に係る児童手当の手続きがお済みである場合2022年度分の住民税均等割が非課税である場合申請は不要です。対象となる方には、お知らせを2022年7月中旬に郵送します。支給日は、2022年7月29日(金曜日)の予定です。給付金の支給を辞退される場合は、低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯分)受給拒否の届出書(PDF:85KB)をダウンロードし、必要事項を記入の上、2022年7月19日(火曜日)必着で狭山市こども支援課に提出してください。
新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、申請者、配偶者等の双方の直近の収入が、住民税均等割が非課税である方と同様の事情にあると認められる方申請が必要です。申請書は市役所こども支援課にあります。申請受付期間は、2022年7月1日(金曜日)から2023年2月28日(火曜日必着)までです。
2022年4月1日から2023年6月30日までに生まれた児童の主たる生計維持者が「公務員」である場合2022年度分の住民税均等割が非課税である場合
新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、申請者、配偶者等の双方の直近の収入が、住民税均等割が非課税である方と同様の事情にあると認められる方
2022年7月1日から2023年2月28日までに生まれた児童の主たる生計維持者が「公務員以外」で、当該児童に係る児童手当の手続きがお済みである場合2022年度分の住民税均等割が非課税である場合申請は不要です。対象となる方には、今後お知らせを郵送します。支給日は未定です。
新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、申請者、配偶者等の双方の直近の収入が、住民税均等割が非課税である方と同様の事情にあると認められる方申請が必要です。申請書は市役所こども支援課にあります。申請受付期間は、2022年7月1日(金曜日)から2023年2月28日(火曜日必着)までです。
2022年7月1日から2023年2月28日までに生まれた児童の主たる生計維持者が「公務員」である場合2022年度分の住民税均等割が非課税である場合
新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、申請者、配偶者等の双方の直近の収入が、住民税均等割が非課税である方と同様の事情にあると認められる方

2022年3月31日時点で2004年4月2日から2007年4月1日までの間に出生した児童の主たる生計維持者
*主に高校生相当年齢のお子さんのみを養育している方が該当します。

2022年度分の住民税均等割が非課税である場合
新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、申請者、配偶者等の双方の直近の収入が、住民税均等割が非課税である方と同様の事情にあると認められる方

住民税均等割が非課税である方と同様の事情とは

住民税均等割が非課税か否かについては、下の早見表を用いて判断します。
「非課税相当限度額」は年額です。これを12で割った金額が、直近1か月の給与明細書の「総支給額」「支給総額」等よりも少ない場合に、「家計急変」として給付金を申請することができます。
下表の「世帯の人数」とは、申請者本人に加え、同一生計配偶者(所得金額48万円以下の方)及び「扶養親族(16歳未満の方も含む)」の合計人数です。

早見表
世帯の人数非課税相当限度額(年額)
2人1,469,000円
3人1,877,000円
4人2,327,000円
5人2,777,000円

支給額

児童1人あたり一律5万円

申請が必要な方へのご案内

申請書はこども支援課にあります。郵送で申請書を自宅へ郵送しますので、希望者は郵送フォームに入力してください。

留意事項

上記支給対象者として複数の要件に該当する場合でも、支給は1回限りです。
既に、2022年度低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分またはひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯分)において、給付金の支給を受けた方は、この給付金の支給を受けることができません。

関連リンク

このページに関するお問い合わせは
こども支援部 こども支援課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2941-3069

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。