【新型コロナウイルス関連情報】熱中症事故の防止について(マスクの取扱い)

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年6月5日

狭山市教育委員会では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために、マスクの着用を呼び掛けているところですが、熱中症事故の防止のための、マスクの着用についての配慮事項についてお知らせします。

熱中症事故防止のために、マスク着用についての考え方

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大の軽減に向けて、狭山市では文部科学省や埼玉県教育委員会の通知に基づき、登下校中や校内ではマスクを着用すること、また咳エチケットについて配慮することとしています。
 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、学校教育活動においては、飛沫を飛ばさないよう、児童生徒、教職員は、基本的には常時マスクを着用することが望ましいと考えられます。
 ただし、気候の状況等により熱中症などの健康被害が発生する可能性が高いと判断した場合には、マスクを外すように対応します。また、その際は、換気や身体的距離等に気をつけることも併せて指導します。

このページに関するお問い合わせは
学校教育部 教育指導課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。