このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
現在のページトップページの中の 子育て・教育 の中の 学校・教育 の中の 学校給食 の中の 食物アレルギー児童・生徒への対応 のページです。
本文ここから

食物アレルギー児童・生徒への対応

更新:2019年6月1日

狭山市では、食物アレルギーの対応食を実施しています。アレルギー対応食の対象となる食品は、「小麦・卵・乳・そば・落花生」の5つです。なお、そば・落花生は給食に使用しません。対応食を申し込まれた児童・生徒には、保護者へ献立の詳しい材料表を配布し、各家庭で食べられるかどうか判断していただきます。

給食センターから学校へ。学校から保護者へ

(1)給食センターから各学校へ毎月、翌月分の「献立の食品材料一覧表」と加工品や調味料の「配合表」を配布します。

(2)各学校から食物アレルギー児童・生徒の保護者へ「献立の食品材料一覧表」と「配合表」を配布します。

※アレルギー対応を申し込まれた方には、対応食の食品材料一覧表を合わせて配布します

※「配合表」に不足があった場合、保護者から直接電話で給食センターへ問い合わせてください。問い合わせのあった「配合表」を給食センターから学校へ、学校から保護者へ送付します。

「献立の食品材料一覧表」と加工品や調味料の「配合表」

「献立の食品材料一覧表」と加工品や調味料の「配合表」は、以下からPDF形式でご覧いただけます。

2019年6月

食物アレルギーの対応食について

食物アレルギー対応食は、一人分ずつランチボックスに入って学校へ運ばれます。
ランチボックスは、アレルギー食(除去・代替したもの)と一般食(食缶と同じもの)の2つに分かれてカゴに入っています。
また、食物アレルギー対応食は、給食センターで作る料理のみなので、給食センター以外の工場で作られる「パン・ごはん・めん・牛乳・カップデザート・菓子類」などは対象外になります。
食物アレルギー対応食は、以下の3種類の方法を組み合わせます。

  1. ランチボックスに入っているものを食べる
  2. 主食・牛乳・カップ入りデザートなど給食センター以外の工場で作られるものは、保護者の許可のあったものを食べる
  3. 家庭から代わりになるものを持参し食べる

PDF形式のファイルを開くにはAdobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

問い合わせ

学校教育部 入間川学校給食センター 組織詳細へ
狭山市鵜ノ木6番48号
電話:04-2954-2414
FAX:04-2954-8674

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。