教育長からのメッセージ(2021年1月1日掲載)

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年1月1日

新年を(むか)えて

向野康雄狭山市教育長の写真狭山市教育長 向野康雄

 元気いっぱいの、さやまっ子の(みな)さん、あけましておめでとうございます。新型(しんがた)コロナウイルスの感染(かんせん)拡大(かくだい)に対する不安が続く中ですが、心を新たにして新年を迎えていることと思います。

 昨年は、新型コロナウイルスの影響(えいきょう)で、入学式や始業式以降(いこう)、先生や友達になかなか会うことができない期間が続きました。しかし、6月に登校ができるようになってから、(みつ)にならない、手洗(てあら)いやマスクの着用、手指の消毒(しょうどく)など、さやまっ子の皆さんが高い意識(いしき)で感染防止(ぼうし)に取り組んでくれたおかげで、特に大きな混乱(こんらん)もなく、それぞれの学校で授業(じゅぎょう)や行事を行うことができました。なかなか会えない期間があったことで、友達や先生と一緒に活動する楽しさや(よろこ)びを再発見(さいはっけん)したことと思います。
また、年末には東京ドームで行われた第91回都市対抗野球大会(としたいこうやきゅうたいかい)において、狭山市代表のホンダ硬式野球部(こうしきやきゅうぶ)が、見事優勝(ゆうしょう)を果たし、狭山市に明るいニュースを運んでくれました。チーム一丸となり、全力でプレーをする姿(すがた)を見て、元気をもらったさやまっ子も多くいたことでしょう。

 さて、今年は「(うし)(牛)年」です。牛は古くから、農作業や物を運ぶときの労働力として、人間の生活を助けてくれた動物でした。大変な農作業を最後まで手伝ってくれる働きぶりから、牛は「誠実(せいじつ)さ」を象徴(しょうちょう)し、「我慢(がまん)()える)」、「これから発展(はってん)する前触(まえぶ)れ(芽が出る)」というような年になるといわれています。十二支の2番目であることから、()年に()いた種が芽を出して成長する時期とされ、まだ結果を求める時期ではなく、結果につながる道をコツコツと作っていく基礎(きそ)を積み上げていく時期とされます。今年の4月から中学3年生になるさやまっ子は、頑張(がんば)ってきたことを今年も引き続きコツコツと取り組むことで、来年の春に素敵(すてき)な花を()かせることができるようになるでしょう。修学旅行(しゅうがくりょこう)などで京都にある北野天満宮を(おとず)れる機会があるなら、境内(けいだい)のあちこちに置かれている牛の(ぞう)にあやかるといいかもしれません。

 延期(えんき)となった東京2020オリンピック・パラリンピック競技(きょうぎ)大会がこの夏に開催(かいさい)される予定です。選手の皆さんも、昨年から引き続き調整を続け、本番に向けて、日々努力しています。現在(げんざい)の世界を取り()(むずか)しいコンディションの中で、ベストを()くそうとする選手の姿(すがた)から学ぶこともきっとあると思います。それぞれの競技会場で、様々なドラマが生まれることでしょう。選手たちのひたむきな姿を通して、何かを感じることができたなら、それを自分自身の成長に生かしてください。この狭山市もゴルフ競技の会場となっています。さやまっ子の皆さんの声援(せいえん)で、オリンピック・パラリンピックを()り上げていきましょう。

このページに関するお問い合わせは
総合政策部 広報課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。