平成21年度 第5回キャプテンクラブ

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

概要

  • 日時:2009年12月13日(日曜日) 8時30分~16時30分
  • 場所:国営武蔵丘陵森林公園
  • 内容:アスレチック
  • 参加者数:14名

アスレチック

むさしキッズドーム

 小さな子供向けの遊具のエリアには、中央に大きなドームがあり、その中にも遊具があり、雨の日でも遊べるようになっています。
 人気だったのはボールプールです。大きな鳥籠のようなものの中に、手のひら大のカラフルなボールが足が沈むほど入っています。鏡も入っているので、中で遊ぶ子どもたちが小鳥のようでした。

冒険コース

 森林公園駅西口から歩いてすぐのわんぱく広場内には、約20種類の遊具があるアスレチックコース(通称:冒険コース)があり、丸太渡りや、ターザン、ローラー付の滑り台など楽しい遊具がいっぱい。
 身軽な子どもたちはバランスをとって遊具を遊びこなしていましたが、久々の運動であったからか、身体が硬い相談員達は、一部の遊具に苦戦を強いられていました。
 この日は他にもたくさんの利用者が遊んでおり、冒険コース一帯は子どもたちの笑い声や叫び声が聴こえ、とても賑やかでした。

ぽんぽこマウンテン

 わんぱく広場付近の休憩所でお昼を済ませた後、園内を散策しながら運動広場へ行きました。ここでは山のように大きいトランポリン(通称:ポンポコマウンテン)が設置されているため、子どもたちは遠くで見つけると、猛然と走って行き、“とりあえず”飛び跳ねていました。
 このポンポコマウンテンの特徴は、他にも大勢の利用者がいるため、その振動が伝わってくるので、タイミングを見計らって飛び跳ね、上手くバランスをとらないといけないところです。
 みんなががむしゃらに飛び跳ねようとしているので、思った以上に足の力が入ってしまいます。仕舞いには、ひざが笑って寝転んでしまう子もいましたが、飛び跳ねる感覚が面白いのか、終始笑いながら遊んでいました。

おわりに

写真 ぽんぽこマウンテンの前で集合写真

 風が強くて寒い日でしたが、遊びに夢中の子どもたちは汗が出るほど動き回っていました。

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 社会教育課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-8671

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。