平成24年度 第3回キャプテンクラブ

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2017年5月2日

概要

  • 日時:2012年8月18日、19日(土曜日、日曜日)
  • 場所:長瀞キャンプ村
  • 内容:キャンプ
  • 参加者数:21名

キャンプ

到着後

 電車を乗り継いで約2時間、キャンプ場に到着しました。お昼ごはんを食べたら、移動の疲れもなんのその、早速駆け回っていました。

夕飯作り・夕食

 夕食の献立はビーフシチューとフルーツポンチです。慣れないかまどだったので、火熾しにちょっと苦戦しましたが、下ごしらえはもう手馴れたもので、みんなで分担してあっという間にできました。
 火の位置は薪の燃えるのに合わせて刻々と変わっていくので、お鍋や飯ごうの位置を調節しないと焦げてしまったり、逆に火力が足りなかったりするので、かまど担当は目が離せません。どの班も焦がさず上手にできていました。

キャンプファイヤー

キャンプファイヤーの周りでレクリエーションをしました。昨年は大雨でできませんでしたが、今年は星もよく見えるいい天気でした。
キャンプファイヤーの最後は恒例の焼きマシュマロです。残り火でマシュマロを炙ると、周りはちょっとサクサク、中はトロトロになります。近づくと熱いので炙るのも大変ですが、喜んでやっていました。

2日目

 朝食はポトフとホットドックです。一緒に昼食のおにぎりも作りました。ポトフを作る横でお米を炊き、食べ終わる頃にお米が炊けたらおにぎり作りに取り掛かります。2食分同時進行で作るのは今回が初めてですが、タイミングよく調理することができました。
 ポトフはどの班も上手にできましたが、ホットドックは初挑戦だったせいか、失敗が目立ちました。ソーセージなどをパンにはさみ、アルミホイルで巻いてから牛乳パックに入れ、かまどの残り火にくべます。牛乳パックが燃え尽きたら、ほんのり焼き目がついて温かいホットドックのできあがり!・・・となるはずだったのですが、ホイルの巻き方が足りなかったのか、焦げてホイルにくっついてしまったり、くべた場所が火力が強かったのか、丸焦げになってしまった子もいました。こどもたちからは非難轟々でしたが、これもいい思い出になることでしょう。

川遊び

 追いかけっこして水の掛け合いをしたり、浮いて漂ったり、水中を覗いてみたり、みんな大はしゃぎでした。女の子は休憩がてら岸辺で泥だんごを作ったり、泥パックと称して泥を体中に塗っては楽しんでいました。

おわりに

写真 集合写真

解散間際に、毎年恒例の質問をしました。「宿題終わってない人、手を上げて!」全員が手を上げていました。このキャンプが宿題の材料になるといいのですが・・・みんな頑張ってね。
次回は国営武蔵丘陵森林公園に遠足にいきます。お楽しみに!

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 社会教育課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-8671

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。