「埼玉土建一般労働組合狭山支部との協定」を締結

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2015年3月23日

出席者(写真右から)埼玉土建一般労働組合狭山支部担当書記・菊池氏、同技術住宅対策部長・田那部氏、同支部長・萩原氏、仲川幸成狭山市長、埼玉土建一般労働組合狭山支部副支部長・五十嵐氏、同書記長・川崎氏

「災害時における応急対策に関する協定」を締結

 2015年3月23日(月曜日)、狭山市は、埼玉土建一般労働組合狭山支部との間で、「災害時における応急対策に関する協定」を締結しました。


 協定では、狭山市内に地震、風水害その他の災害が発生した場合において、狭山市は、以下の災害応急業務を要請することができることとなっています。
1 倒壊建物等からの救出救援活動
2 収容施設及びその他市施設の応急補修に関すること
3 その他狭山市が必要と認める災害応急作業


 この協定により、災害発生時における救出救援活動、収容施設及び公共施設の補修等の災害応急対策が円滑かつ速やかに実施され、市民生活の早期安定が図られるものと期待しています。

このページに関するお問い合わせは
市民部 危機管理課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。