「埼玉県霊柩自動車協会、埼玉葬祭業協同組合との協定」を締結

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2013年5月8日

防災協定調印式写真

左から、濱野良一副市長、青木会長(埼玉県霊柩自動車協会)、仲川幸成狭山市長、福島理事長(埼玉葬祭業協同組合)、三ツ木代表取締役(株式会社三ツ木)、馬場代表取締役(さやま典礼)

「災害時における霊柩車及び棺等葬祭用品の供給に関する協定」を締結

 平成25年5月2日(木曜日)狭山市は、埼玉県霊柩自動車協会、埼玉葬祭業協同組合との間で「災害時における霊柩車及び棺等葬祭用品の供給に関する協定」を締結しました。
 この協定は、大規模災害発生により、市内で多数の死者が生じた場合に備え、霊柩車及び棺等葬祭用品の供給並びに遺体の搬送について定めたものです。
 今回の協定により、大規模災害時においても、円滑な葬祭用品の供給や遺体の搬送が可能になるものと期待しています。

このページに関するお問い合わせは
市民部 危機管理課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。