「埼玉土地家屋調査士会との協定」を締結

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2016年12月22日

出席者(写真右から)

埼玉公共嘱託登記土地家屋調査士協会 小島狭山地区長、埼玉土地家屋調査士会 雙木狭山支部長、高柳副会長、佐藤会長、小谷野狭山市長、埼玉土地家屋調査士会 田中狭山支部会員、高橋広報事業部長

「災害時における家屋被害認定調査に関する協定」を締結

2016年9月28日(水曜日)、狭山市は埼玉土地家屋調査士会と「災害時における家屋被害認定調査に関する協定」を締結しました。

協定の内容

本協定では、狭山市内に地震、風水害その他の災害が発生した場合に、市の要請に基づき、埼玉土地家屋調査士会から以下の支援を受けます。
・市の職員と連携した市内家屋の調査
・市が発行した罹災証明について、市民からの相談に関すること
本協定の締結により、家屋の被害認定調査がスムーズに行われ、早急な罹災証明書の発行に繋がることが期待されます。

外部リンク

このページに関するお問い合わせは
市民部 危機管理課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。