わが家の安全対策を万全に

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

  「タンスが倒れて下敷きになった」「食器棚から割れたガラスが降ってきた」・・・。
 大きな地震による死傷者の多くは、家具の転倒や物の落下によるものです。
 家具の配置を見直して家の中に安全なスペースを確保するとともに、しっかりと固定しておきましょう。

家具の固定

 L型金物または支え棒などで固定する。壁に固定するには、壁の中にある桟に確実に固定することが重要です。二段重ねの場合は、つなぎ目を金具で連結しておきましょう。

照明器具

 1本のコードで吊ってあるだけなら、チェーンなどで数か所止めます。

家具の配置にも注意

 家具の転倒などを防止することは大変大切ですが、家具の配置についても十分注意が必要です。

 台の上に乗せたテレビ、パソコンは飛び出すことがあるので特に注意が必要です。

 家具の高さ以上に距離をとり、就寝位置を確保するようにしましょう。

関連情報

このページに関するお問い合わせは
市民部 危機管理課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。