災害時要援護者避難支援事業

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2019年1月30日

【地域の支え合いで災害から身を守りましょう
災害が起きたとき、高齢や障害があるなどの理由で自力での避難や情報収集が難しい方(災害時要援護者)を守るために、地域での助け合いが必要となります。

支援対象の方

自宅で生活し、以下に該当する方
1.75歳以上の高齢者のみの世帯の方
2.介護保険法による要介護状態区分・要介護1以上の方
3.身体障害者手帳の交付を受けている方
4.療育手帳の交付を受けている方
5.精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方
6.市や地域支援者等が認める自力で避難することが困難な方
7.その他、難病患者、妊産婦、乳幼児、日本語に不慣れな外国人、避難行動に不安があるなどで自ら名簿への登載を希望する方

「狭山市災害時要援護者名簿(同意者名簿)」への登載の同意をお願いします

「狭山市災害時要援護者名簿(同意者名簿)」とは、地域の助けを必要とする方の情報を事前に登録し、自治会や民生委員・児童委員など地域の皆さん(地域支援者)と市で情報を共有し、日ごろの見守り活動や災害時に必要な支援を行えるようにするものです。
災害時に地域からの支援を希望する方は、個人情報(住所、氏名、連絡先、名簿登載事由など)を地域支援者へ提供することに同意する必要があります。
※支援する方が必ず助けてくれるとは限りませんので、できる限り自分の身を守るよう心がけてください

【災害時要援護者名簿(同意者名簿)を提供する地域の支援者】

・お住まいの区域の自治会(市と名簿の管理に関して協定を締結している自治会)
・お住まいの区域の担当民生委員・児童委員

地域支援者へのお願い

災害時は自分や家族の身を守ることが先決となります。可能な範囲での支援をお願いするもので、責任や義務をともなうものではありません。
普段からお互いに助け合う地域づくりにご理解とご協力をお願いします。

「個別避難支援計画書」の作成

「個別避難支援計画書」とは、災害が起こったときや災害のおそれがあるときに、「災害時要援護者名簿(同意者名簿)」の登載に同意された方への支援を適切かつスムーズに行えるように作成するものです。
個別避難支援計画書は支援を必要とする方が作成することを基本としますが、本人による作成が難しい場合は、家族や地域支援者が中心となって作成をお願いします。

このページに関するお問い合わせは
市民部 危機管理課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。