水道料金の免除申請に関するよくある質問(新型コロナウイルス関連)

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年8月26日

Q.免除の対象者を教えてください。

A.回答

免除の対象者は、緊急小口資金・総合支援資金の特例貸付や住居確保給付金の給付を2020年3月25日から10月31日までの間で適用を受けた世帯にある水道使用者です。

Q.免除の対象となる料金を教えてください。

A.回答

検針月が奇数月地区は7月・9月検針分(8月・10月請求分)、偶数月地区は8月・10月検針分(9月・11月請求分)の4か月分の水道料金全額が免除の対象となります。
なお、下水道使用料は免除の対象となりませんのでご注意ください。

Q.免除の申請方法を教えてください。

A.回答

「水道料金免除申請書兼誓約書」に貸付等の決定通知書を添付し、郵送により申請してください。
なお、申請書を市ホームページからダウンロードされる場合は、返信用封筒をお送りしますので、上下水道部経営課までご連絡ください。

Q.申請書に添付する貸付等の決定通知書を無くしてしまったのですが。

A.回答

貸付等の決定通知書を紛失された場合は、貸付等の申込窓口にて、決定通知書の写し等の証明となるものの発行手続きをお願いします。

Q.申請書裏面の還付口座記入欄を記入する必要はありますか。

A.回答

申請される前に免除の対象となる水道料金を納付書にてお支払いされた場合は、免除決定後に料金を還付いたしますので、還付口座記入欄にご指定の口座を記入してください。

Q.免除の対象となる貸付等の決定を受けた者と水道の契約者が異なる場合は申請できますか。

A.回答

貸付等の決定を受けた方と水道の契約者が同じ住所にお住まいであれば申請できます。

Q.現住所の他に複数の場所で水道を契約していますが、すべて免除の対象となりますか。

A.回答

貸付等の決定を受けた世帯に対する支援のため、現住所での水道使用分のみ免除の対象となります。

Q.収入が減少した一人暮らしの学生は免除の対象となりますか。

A.回答

新型コロナウイルス感染症の影響による収入の減少等に伴い、生計維持のため貸付等を受けている場合は、学生に関わらず免除の対象となります。

Q.集合住宅に設置されている水道メーターが建物全体で1個の場合、免除の対象となりますか。

A.回答

各部屋に水道メーターが設置されていない場合は、個人の使用水量を把握することができないため、免除の対象外となります。

Q.免除の申請期限はいつですか。

A.回答

2020年11月30日(月曜日)が申請期限となります。

Q.免除の決定通知は届きますか。

A.回答

免除が決定した方には、免除の決定通知書をお送りします。決定通知書は、免除の対象となる検針月の翌月以降に順次発送いたします。

Q.免除の対象となる検針月の検針票に水道料金を含んだ請求予定額が表示されているのですが。

A.回答

検針票の仕様により、使用水量に基づき水道料金の請求予定額が表示されますが、免除決定後にお送りする免除決定通知書に記載される金額が請求額となります。
なお、免除の対象期間が4か月のため、7月・9月検針または8月・10月検針の2回にわたり、検針票に水道料金の請求予定額が表示されますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせは
上下水道部 経営課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。