下水道が詰まったとき

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2018年3月1日

 宅内の下水の詰まりの多くは、一度にたくさん流すトイレの紙詰まりや建物が古い場合は、家の周りの配管に植物の根が侵入する場合となっております。
 排水ができず、詰まってしまった場合には下記をご参考ください。

詰まりの確認方法

最終ます(道路と民有地内の境界付近のます)のふたを開ける

 下図の最終ますに排水が満ちている場合には、市の下水道管の詰まりか、そうでない場合は、宅内の排水設備の詰まりが考えられます。
 また、最終ますが開けられない状況であれば下記の方法を試してください。

最終ますの上流側のトイレ、台所、風呂場などの排出先にあるますのふたを開ける

 一部の箇所が詰まっているのであれば、宅内の排水設備が詰まっていると考えられます。
 また、すべてのますのふたを開けても詰まりが確認できない場合は、屋内のトイレなどの設備か、建物内の配管での詰まりが考えられます。

排水設備の設置例

各対応のお問い合わせ先

市管理の下水道管が詰まっている場合(またははっきりしない場合)

 下水道施設課までお問い合わせください。

宅内の排水設備が詰まっている場合

 民有地の管理になりますので、ご自身での清掃をお願いいたします。
 また、ご自身で清掃することが出来ない場合や修理等の必要がある場合には、お近くの狭山市下水道排水設備指定工事店にお問い合わせください。
 注)清掃・修繕を依頼される場合は、事前に内容の確認及び見積りをされることをお勧めします。

関連ページ

このページに関するお問い合わせは
上下水道部 下水道施設課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。