下水道を大切に

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

 市の公共下水道は分流式で、汚水は和光市 にある終末処理場で処理されます。下水道は、私たちの暮らしを守る大切な働きをしています。快適な暮らしに不可欠な下水道を大切に使うために、次のことに注意しましょう。

汚水管に雨水を流さない

 汚水管に雨水を流すと、大雨の時には流量が増えて、道路上のマンホールから汚水があふれ出ることがあり、さらに終末処理場の機能にも支障をきたします。雨水は、浸透や貯留するように心がけましょう。なお、排水設備(水洗化)の工事は、市の指定した工事店で行ってください。

台所などで使った油は流さない

 油は、排水管や下水管を詰まらせるだけでなく、悪臭の原因にもなります。また、油分が増加すると、終末処理場での汚水処理ができなくなる恐れがあります。調理後のフライパンや皿についた油汚れは拭き取ってから洗い、天ぷら油などは固形化するなどして、燃やすごみに出しましょう。なお、飲食店の皆さんは、グリース阻集器(オイルトラップ)の設置と定期的な点検・清掃を行ってください。

 

このページに関するお問い合わせは
上下水道部 下水道施設課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。