社会資本総合整備計画の公表(下水道事業)

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2019年12月16日

社会資本総合整備計画とは

国の社会資本整備総合交付金を活用するために地方公共団体が作成する計画であり、目標や目標を達成するために必要な事業等を記載したものです。

社会資本整備総合交付金とは

地方公共団体が、「活力創出」「水の安全・安心」「市街地整備」「地域住宅支援」といった政策目的を実現するため、社会資本総合整備計画を作成し、目標実現のための基幹的な社会資本整備事業やソフト事業を総合的、一体的に整備するため、国が支援するものです。

社会資本総合整備計画及び執行状況の公表

地方公共団体が社会資本整備総合交付金により事業を実施しようとする場合には、社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出するとともに、これを公表することとなっています。
狭山市では、上記の計画を作成し、国土交通大臣に提出しましたので、社会資本総合整備計画及び執行状況を公表します。
計画の詳細については、下記の添付ファイルをご確認ください。
※事業の進捗、予算等により、計画は変更する場合があります

狭山市公共下水道の整備(重点)【計画の期間:平成30年度~平成31年度】

狭山市公共下水道の整備(通常)【計画の期間:平成27年度~平成31年度】

狭山市公共下水道の整備(防災・安全)【計画の期間:平成26年度~平成30年度】

社会資本総合整備計画の事後評価を公表します

国の社会資本整備総合交付金を受けて市が実施した「社会資本総合整備計画(通常第1期分)」が平成26年度に終了しました。
同交付金交付要綱に基づき、計画の事後評価を実施しましたので、その結果を公表します。
事後評価の結果については、下記の添付ファイルをご確認ください。

このページに関するお問い合わせは
上下水道部 下水道施設課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。