漏水にご注意ください

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2018年3月14日

漏水は少ないようでも毎日続くと大量となり、その料金はお客様の負担となります。

検針の際に、前回の使用水量と大幅な変動があった場合は検針員がお知らせしますが、ご自分でも定期的な点検をお願いします。

点検の方法

(1)水を使っていない状態にするため、家の中や屋外のすべての蛇口を閉めます。
(2)水道メーター(量水器)のふたを開け、中にある「パイロット」が回っていないか確認します。
(3)パイロットが少しでも回っていたら、水道メーターから蛇口の間で漏水が発生している可能性があります。
(4)その場合は、メーターボックス内の「止水栓(しすいせん)」を時計方向に回して水を止め(パイロットの回転を止め)、至急、狭山市指定給水装置工事事業者へ直接、修繕の依頼をしてください。なお、修繕にかかる費用はお客様の負担となります。

パイロットとは

パイロットとは、銀色のこまで、水を使っている時に回転します。したがって、水を使っていない状態で、回転していた場合は、宅地内で水漏れが発生していることが考えられます。

水道メーター「パイロット」の画像水道を使っていない状態で、パイロットが回っていたら漏水が考えられます

水の止め方

水を止めるときは、メーターボックスの中にある「止水栓(しすいせん)」を時計方向に回してください。

水道メーターの画像

漏水していたら狭山市指定給水装置工事事業者へ依頼してください

水道施設を修繕する場合は、必ず狭山市の指定を受けた下記の給水装置工事事業者にご依頼ください。費用はお客様の負担となります。

関連情報

このページに関するお問い合わせは
上下水道部 水道施設課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。