このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
本文ここから

古紙・古布

更新:2017年11月13日

指定された出し方で、収集日の朝8時までに集積所に出してください。出し方の守られていないものは収集できません。

収集

月2回の収集です。

出せるもの

古紙

品目毎に別の車で収集しますので、必ず午前8時までに出してください。

  • 新聞紙(チラシも含む)

新聞紙の絵

  • ダンボール

ダンボールの絵

雑誌・雑紙の絵

(少量の雑紙[ざつがみ]は、雑誌の間などにはさんで出してください)

  • 牛乳パック

牛乳パックの絵

古布

  • 古着・皮革や羽毛を使用したもの・セーター・着物類・ネクタイ・毛布・シーツ・カーテン・タオル・帽子・手袋など

古布の絵

出し方

古紙

  • 古紙は品目ごと(新聞紙、ダンボール、雑誌・雑紙[ざつがみ]、牛乳パック)に分けて、ひもで十字に縛って出してください。(雨・雪でも収集します)

地域の集団回収を優先してください。

古布

  • 古布は無色透明の袋に入れて濡れないように出してください。
  • 古着はそのままの状態で再利用しますので、洗濯をして出してください。また、ボタンやファスナーを外す必要はありません。

雨・雪でも収集しますが、古布は濡れると再利用できないので、雨・雪のときは、出来るだけ次回の収集日に出してください。

地域の集団回収を優先してください。

出せないもの

古紙

  • 油紙・感熱紙・ロウや樹脂加工のしてある紙・アルミ箔付のバッグなど
  • プリントシール紙、線香・洗剤の箱

古布

  • 作業服
  • 布団・枕・敷パッド・ぬいぐるみ・クッション
  • じゅうたん・マット(台所、風呂など)
  • キルティング・布きれ・カバー類

※上記のもの及び汚れている、濡れている、異臭のするものは、金具等を外して30センチ以下に切って、もやすごみへ

  • ビニール製品

問い合わせ

環境経済部 奥富環境センター 組織詳細へ
狭山市大字上奥富897番地の1
電話:04-2953-2831
FAX:04-2954-7718

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。