このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
現在のページトップページの中の くらし の中の ごみ・環境 の中の 環境 の中の 光化学スモッグについて のページです。
本文ここから

光化学スモッグについて

更新:2011年3月1日

光化学スモッグは、5月から9月ごろまでの晴れて日差しが強く、日中最高気温が25℃以上で、風の弱い日に発生しやすくなります。
特に、遠くの山や建物にもやがかかったように見えにくい日は十分注意しましょう!

光化学スモッグってなに?

自動車や工場などから排出される窒素酸化物と炭化水素が、太陽からの強い紫外線を受けると光化学反応を起こし、オゾンなどの光化学オキシダント(酸化性物質)を発生させます。この濃度が高くなると、のどが痛くなったり、目がチカチカします。これが光化学スモッグといわれているものです。

雲

光化学スモッグ発生時の市の対応

埼玉県では、県内各地に測定局を設置し発生状況を監視しています。ある一定以上の濃度になると、光化学スモッグ注意報や警報などが発令されます。市では注意報など発令された内容を市の防災無線を通して放送し、皆さんにお知らせしています。

 
発令内容 発令条件
光化学スモッグ注意報 光化学オキシダント濃度が0.12ppm以上になった時
光化学スモッグ警報 光化学オキシダント濃度が0.20ppm以上になった時
光化学スモッグ重大緊急報 光化学オキシダント濃度が0.40ppm以上になった時

光化学スモッグ注意報が発令されたら

・屋外でのはげしい運動は避けましょう。

・目やのどなどに刺激や痛みを感じたらすぐ屋内に入りましょう。

・乳幼児、高齢者、病弱な方などは健康な成人よりも影響を受けやすいので注意しましょう。

被害を受けたら

・目がチカチカしたり痛いときは、洗眼しましょう

・のどの痛みを感じたら、うがいをしましょう。

・洗眼やうがいをしても良くならないときや呼吸困難やけいれんがあるときは、医師の診察を受けましょう。

※被害を受けた方は市役所または、保健所まで連絡してください。

光化学スモッグの発令状況

埼玉県の大気の状況

全国、関東地方の大気の状況

問い合わせ

環境経済部 環境課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。