剪定枝等リサイクル事業

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年8月31日

緑のリサイクルにご協力を

環境センターに直接持ち込まれる剪定枝(せんていえだ)を資源化しています。

剪定枝の搬入方法

個人及び事業者(農業や造園業者などの事業活動として発生した剪定枝を除く)とも、市内で発生した剪定枝を奥富環境センター、稲荷山環境センターに持ち込むことができます。

・持ち込み場所
 ・奥富環境センター
 ・稲荷山環境センター
 ※職員の指示に従い、指定の場所に置いてください

・手数料
 ・事業系廃棄物の場合…10キログラムにつき240円
 ・家庭系廃棄物の場合…50キログラム以上のものは10キログラムにつき90円

・持ち込み方法
 他のごみと分別し、1メートル程度に切断して、持ち込んでください。袋・ひも結びは不可。なお、トラックなどで多量に持ち込む場合は、奥富環境センターのみ受け付けます。

・(リサイクルとして)持ち込めない草木など
 ・キョウチクトウ・アセビ・ウルシなど毒性のあるもの
 ・廃木・腐食した樹木・草・落ち葉

廃木・腐食した樹木(太さ5センチメートル程度まで)は1メートル以下に切断し、草・落ち葉は土を落とした状態で「もやすごみ」として稲荷山環境センターへ持ち込むことができます。

このページに関するお問い合わせは
環境経済部 資源循環推進課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-7717

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。