自治会の組織と役割

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年7月30日

自治会は、地域住民のコミュニケーションづくりに努力し、明るく住みよい「まちづくり」を目指しています。また、市民に身近な市の行政に対し、住民の声を反映させるとともに、地域住民と行政とのパイプ役として積極的に協力しています。
自治会は、住民の自主的団体ではありますが、その構成は、「地縁による団体」であり、市町村の一定区域に住所を有する世帯を主体に、事業所などが加わって組織されており、この構成会員が負担する会費等によって自治会が運営され、いろいろな事業が行われています。

自治会の組織とは

自治会の、共通の認識としては次のようなことが言えると思います。

  • 一定の区域を持つ地域団体
  • 個人ではなく、世帯を主体に、事業所などが加わって組織
  • 区域内の全世帯が加入することを原則
  • 住民が自主的に組織

自治の運営とは

住民の必要に応じて、親睦、相互扶助、共通課題の協同解決を目指し、民主的に進めなければなりません。

民主的な運営とは、「住民にわかりやすい会則づくり」「合議制で会議を進め、民主的に運営」「住民の意見発表ができる組織づくり」「役割分担ができる組織づくり(自治会長や少数の役員に仕事が集中することは、望ましくない)」「明朗な予算、決算の報告」といったことです。

自治会の役割とは

(1)コミュニケーションを深める
住民が交流を深めつつ、地域での生活をみんなで楽しみ、豊かな住みよい生活を目指すことです。
体育祭やレクリエーション大会・盆踊り大会・お祭りなどを行うことは、住民同士の連帯を高める役割を果たします。

(2)明るく住みよい地域づくり
地域の人々が、生活環境をよりよくしていくために、その地域の課題についてみんなで考え、協力し解決する役割です。
ごみ・交通安全・公園・防犯防災・環境美化などの問題は、一人の力では解決が困難です。一つの目的に向かって共に行動してこそはじめて連帯の心が生まれます。

(3)助け合いの精神づくりと実践
住民相互が助け合い、理解を深め合う役割です。
一人暮らしのお年寄りや身体の不自由な方など、隣同士の助け合い、理解が安心の確保につながります。

このページに関するお問い合わせは
市民部 協働自治推進課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。