防災行政無線で新型コロナウイルス感染症の注意喚起をしています

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年2月19日

2021年1月21日(木曜日)から新型コロナウイルス感染症の感染拡大に関するお願いを強く伝えるために、市民の声と言葉で、防災無線を利用した注意喚起を行っています。
これまで新成人代表者やエッセンシャルワーカーの看護師、自治会役員などの方々にご協力をいただき、感染防止協力の呼びかけを収録しました。

概要

放送期間

2021年1月21日(木曜日)から
終了日は未定

放送曜日

毎日(曜日や日数に応じて、放送者を変える予定)

放送時間

11時からと17時からの2回

放送方法

録音放送
市内115か所に設置した防災行政無線で放送します。

放送内容

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に関する呼びかけ

協力者

  1. 2020年度新成人の代表者
  2. 市内公立小中学校の児童、生徒
  3. 自治会役員
  4. 医療従事者

など

収録のようす

緊急事態宣言の発令及び協力者の健康と安全を最優先に考え、収録をしました。
防災行政無線で放送した、注意喚起のメッセージの一部と収録のようすをご紹介します。

協力者のコメント

2020年度新成人代表・岡野朋美さん

防災行政無線も、いつも聞きなれた声だと、聞き流してしまうけれど、私たちの世代が語りかけることで、行動を変えられればと思います。

放送したメッセージの一部を紹介

○新成人
 今年の成人式は延期となりましたが、私たちは決してあきらめません。必ず、私たちの努力で感染拡大を防ぎ、成人式をやりたいと思っています。私は、看護師になるという夢に向かって、勉強を続けています。今、私にできることを、精一杯頑張りますので、市民の皆さんも、どうぞ、外出自粛にご協力をお願いします。
 
 現在、新型コロナウイルス感染症の急激な拡大により、緊急事態宣言が発令されています。私たちが楽しみにしていた、成人式は延期になりました。1日も早く感染拡大を止め、笑顔で成人式を迎えられるよう、不要不急の外出を控える行動をお願いします。

○減災ナース
 新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言が1か月延長しました。手洗い、消毒、マスクの着用など、一人ひとりの心がけが、感染拡大の防止に繋がります。自粛期間が続き、ストレスも多いと思います。少しでも早く元の生活を取り戻せるよう、一緒に乗り切りましょう。

○保健師
 新型コロナウイルスの感染防止には、マスクの着用、手洗いの徹底、そして、3密を避けることが、とても有効です。十分な休息と規則正しい生活で免疫力を高めましょう。新型コロナウイルスは誰もが感染のおそれがあります。感染されたご本人やご家族の方はつらく苦しい思いをされています。一人ひとりの行動で新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぎましょう。

○自治会長
 現在、新型コロナウイルス感染症の急激な拡大により、緊急事態宣言が発令されています。各自治会では、地域の活動を自粛して、感染防止に努めています。コロナが収束し、以前のように安心して活動ができるように、不要不急の外出を控え、一人ひとりの行動で地域の感染拡大を防ぎましょう。(狭山市自治会連合会長)

○小学生
 日々の感染予防にご協力いただき、ありがとうございます。みんながマスクを外し、外へ出かけられるようになるまで、感染者を増やさないよう頑張りましょう。(御狩場小6年生)

 学校では、マスクを着けることも、給食は前を向いて静かに食べることも、当たり前の日常になっています。この先、感染者が増えるか減るかは、一人ひとりの予防に対する心がけが大切です。しっかり予防につとめましょう。(南小6年生)

 今、私たちは、急な感染拡大で当たり前にできていた授業の多くができなくなっています。楽しみにしていた運動会などの行事も縮小されました。私たちの楽しみが早く戻ってくるように、これからも、感染予防にご協力ください。(入間川6年生)

このページに関するお問い合わせは
市民部 協働自治推進課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。