このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
現在のページトップページの中の くらし の中の 住まい・道路・水道 の中の 住まい の中の アスベスト含有調査補助制度 のページです。
本文ここから

アスベスト含有調査補助制度

更新:2015年4月3日

狭山市では、民間建築物の壁・柱・天井等に吹付けられているアスベストの飛散による市民の健康被害を予防し、生活環境の保全を図るため、吹付けアスベスト等が施工されているおそれのある建築物の分析調査を実施しようとする民間建築物所有者等に対し、調査費用を補助します。

民間建築物のアスベスト含有調査の主な要件

項目 主な要件

補助対象事業

・アスベストの含有に係る調査(基準:JISA1481)
作業環境測定法(昭和50年法律第28号)第2条第7号に規定する作業環境測定機関のうち、JISA1481の附属書の仕様に適合する装置及び機器を備える機関

補助対象建築物

・狭山市内の民間建築物
・吹付けアスベスト等が施工されているおそれのある建築物
・同様の補助金の交付をうけていない建築物

補助対象者

・補助対象建築物の所有者又は、区分所有者の団体
・当該年度期限内の市税(固定資産税、市民税等)を完納していること

補助額

・含有調査に係る費用(上限25万円)
※ただし、1,000円未満の場合は切り捨てとなります。
※予算の範囲内となります。

〈注意〉

・申請後交付決定が行われるまで、業者等との契約を結ぶことはできません。

・補助金は、予算範囲内に限りますので、年度の途中でも締め切ることがあります。

・申請年度の3月10日までに請求書の提出がないと、補助金の交付ができない場合があります。

手続きの方法

申請前に

アスベスト含有調査補助金を希望される場合は、申請前に設計図書及び現況写真をご持参のうえ事前相談が必要となります。

申請方法は、アスベスト含有調査事業補助金交付申請フローをご参照ください。

含有調査補助申請

分析調査事業に係る補助金の交付を受けようとするときは、着手前に狭山市民間建築物アスベスト調査事業補助金交付申請書(様式1)に次の書類を添えて申請してください。

※交付申請前に窓口にて事前に相談していただくようお願いします

(1)位置図(2500分の1以上)

(2)配置図

(3)平面図(吹付けアスベスト等が施工されているおそれのある場所を表示したもの。)

(4)現況写真(吹付けアスベスト等が施工されているおそれのある場所が判断できるもの。)

(5)建物の登記事項証明書または建物の所有者であることが確認できる書面(区分所有者の団体である場合を除く。)

(6)団体の代表者であることを証する書類(区分所有者の団体である場合に限る。)

(7)区分所有者の集会等において、当該事業を実施する決議がなされたことを証する書類(区分所有者の団体である場合に限る。)

(8)委任状(交付申請を委任する場合に限る。)

(9)分析機関であることを証する書類

(10)分析機関からの見積書の写し

(11)市税の未納がないことが確認できる書類または様式あ号

(12)その他市長が必要と認める書類

変更または中止

分析調査事業を変更または中止しようとするときは、様式3号、様式5号を提出してください。

実績報告

分析調査が完了したときは、30日以内に様式6号の実績報告書と次の書類を添えて提出してください。

(1)分析機関が発行した分析調査結果報告書の写し

(2)吹付けアスベスト等のおそれのあるものの採取中及び採取後の現場写真

(3)分析機関と締結した契約書等の写し

(4)アスベスト含有調査事業に要した費用の内訳書及び領収書の写し

(5)その他市長が必要と認める書類

補助金の請求

補助金の額の確定通知を受けたときは、分析調査が完了した日の属する年度の3月10日までに、様式8号と次の書類を添えて提出してください。

・狭山市請求書

お問い合わせ先

埼玉県狭山市都市建設部建築審査課企画総務担当
電話:04-2953-1111(内線2177)

PDF形式のファイルを開くにはAdobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

問い合わせ

都市建設部 建築審査課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。