このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
現在のページトップページの中の くらし の中の 住まい・道路・水道 の中の 住まい の中の ブロック塀の安全を確認してみましょう のページです。
本文ここから

ブロック塀の安全を確認してみましょう

更新:2019年3月25日

法律の基準に適合しない物や老朽化したブロック塀は、地震時に倒壊して人的被害が出たり、避難の妨げとなる可能性があります。
下記のチェックポイントや基準を参考に、ご自宅のブロック塀の安全を確認してみましょう。

ブロック塀の安全点検

ブロック塀の劣化や損傷状況を確認してみましょう
・大きなひび割れが見られる
・塀に傾斜が見られる
・コンクリートブロックが脆くなっている、または破損が見られる


これらの状態が見られる場合、補修や建替えをご検討ください。
また、ブロック塀が道路に面する場合には、通行する方に向けて貼り紙などで注意表示等を行い、周知しましょう。

ブロック塀の点検チェックポイント

国土交通省が作成したチェックポイントで、ご自宅の塀を確認してみましょう。

現在のブロック塀の構造基準

ブロック塀の構造は、建築基準法施行令で定められています。

コンクリートブロックイラストブロック塀の構造基準

構造基準(建築基準法施行令第62条の8)

1

高さは2.2メートル以下(地面から)
2 ブロックの厚さは、高さ2メートル以下は10センチメートル以上、2メートルを超える場合は15センチメートル以上とする
3

ブロック塀の頂部及び基礎には、横に鉄筋を配置し、塀の端部及び隅角部には、縦に鉄筋を配置する(鉄筋の径は9ミリメートル以上)

4 ブロック塀内部に、鉄筋を縦横に80センチメートル以下の間隔で配置する(鉄筋の径は9ミリメートル以上)
5

塀の長さ3.4メートル以下ごとに、控え壁を設ける。(控え壁には、9ミリメートル以上の鉄筋を配置し、塀の高さの5分の1以上突出した物とする)※1

6 上記3・4の鉄筋は、末端をかぎ状に曲げ、縦筋は頂部及び基礎の横筋に、横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けとする※2
7 基礎の高さは35センチメートル以上とし、地中に埋め込む深さは30センチメートル以上とする※1

※1高さ1.2メートル以下の塀は適用されません
※2縦筋の径の40倍以上基礎に定着させる場合は、末端をかぎ掛けしなくてもよい


なお、国土交通大臣が定める構造計算によって安全が確認できる場合は、上記の基準に合わない塀でもよいこととされています。

関連リンク

国土交通省

生け垣設置奨励補助金

新たに生け垣を設置する際に、ブロック塀を撤去する費用の一部に対して補助があります。

塀の安全性についてご心配な方は

ご自宅の塀がご心配な方は、建築審査課までお問合せください。

PDF形式のファイルを開くにはAdobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

問い合わせ

都市建設部 建築審査課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。