戸籍法・住民基本台帳法の改正について

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

戸籍法・住民基本台帳法の改正法が施行されました

平成19年に公布された「戸籍法の一部を改正する法律」、「住民基本台帳法の一部を改正する法律」により、本人確認について法定されました。
 これらの法律や関連する規則等について整備が行われ、平成20年5月1日に施行されることになりました。

戸籍謄抄本等の証明書が原則非公開に!

戸籍謄抄本等、戸籍の附票の写し及び住民票の写し等について原則非公開となりました。このことにより、請求資格を3つに分類し不正取得を防止します。
請求資格等について 詳しくはこちら

本人確認が法定されました

戸籍・住民票に関する届出及び証明書等の交付申請の際に、本人確認を行うことや代理人又は使者による手続きの場合は委任状を提出することが法定されました。
本人確認の実施方法等について 詳しくはこちら 

これらのことにより、窓口等でご迷惑をおかけすることも考えられますが、ご理解くださるよう、お願いいたします。

このページに関するお問い合わせは
市民部 市民課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。