非木造の冷蔵倉庫の取扱い(評価額の計算方法)が変わります

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2012年2月22日

 固定資産評価基準の改正に伴い、平成24年度分から非木造(木造以外の構造)の冷蔵倉庫(保管温度が摂氏10度以下に保たれる倉庫)の固定資産税・都市計画税については、評価額の計算方法が変わります。これまで、非木造の冷蔵倉庫については、一般の倉庫と同じ経過年数による減点補正率が適用されていましたが、平成24年度分からは一般の倉庫に比べて減価の早い経年減点補正率が適用されることになります。
 そこで、市内に該当する倉庫をお持ちの方は、ご連絡していただくとともに現地調査のご協力をお願いいたします。

このページに関するお問い合わせは
総務部 資産税課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。