井戸山の小豆婆さん

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

画:井戸山の小豆婆さん

 むかしのお話です。
 北入曽の宮街道(野々宮神社の前の道)と寺街道(常泉寺の前の道)を川越市の方向に向かいますところ、水押(みずおし)というところがあります。
 このあたりは今でこそ住宅街となっていますが、むかしはけやきや大小の木の茂った、それは暗い場所だったそうです。
 その林の中にはくぼんだ所がありまして「井戸山」といわれてました。
 ある雨のシトシト降る夜のこと、寄り合いがあって井戸山を通りかかった男がおりました。と、とつぜん雨の音とは別に「シャゴ、シャゴ」という音がしました。その不気味なことといったらありません。男は「はて、どこから聞こえるんだべ」とキョロキョロしますが正体がわかりません。
 その音は近づいたり遠のいたり、とうとう男は悲鳴をあげて逃げだしました。
 このうわさがパッと広がり小豆(あずき)婆さんのしわざだといわれるようになりました。別段、いたずらをするわけではありませんが、全国には、これに類似したはなしがたくさんあります。

このページに関するお問い合わせは
総合政策部 広報課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。