不老川とささ舟

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

画:不老川とささ舟

 小川のせせらぎにささ舟を浮かべて流した思い出は、たくさんの人が持っています。それはなつかしい子どもの伝承あそびなのです。ささの葉はたいへん古くから子どもたちの遊び道具としてつかわれてきています。
 記録によりますと鎌倉時代の和歌にすでにささ舟をつかった遊びの歌が()まれていたそうです。ささ舟のつくりかたは、できるだけ熊ざさのような大きな葉を用意し、葉の両はしを内側へ適当に折り、折ったところを三等分するようにさきます。その三つさいたものを、まん中だけそのままに、片方をもう一方のふくろになっているところにしっかりとくぐらせ、両側ともできるとささ舟のできあがりです。
 清流のよみがえった不老川にささ舟を浮かべ、親子で楽しんでみたいものです。

このページに関するお問い合わせは
総合政策部 広報課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。