東京2020オリンピック競技大会の聖火リレー誘致に関する要望書を提出しました

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2018年8月29日

聖火リレーは、ルートとなるエリアの魅力を世界に発信する絶好の機会となります。
そこで、8月7日(火曜日)に、狭山市、所沢市、飯能市、入間市及び日高市(2019年度加入予定)で構成する埼玉県西部地域まちづくり協議会(通称ダイアプラン)は、「東京2020オリンピック競技大会の埼玉県内における聖火リレーに関する要望書」を、上田清司埼玉県知事に対して要望書を提出しました。
この要望書では、構成市ごとにさまざまな特徴を有した魅力ある圏域として、東京2020オリンピック競技大会に向けた機運醸成と大会の成功、そしてレガシーの創出のために、聖火リレーが圏域内を通過するよう要望したものです。
なお、聖火リレーの埼玉県内ルート案については、埼玉県が設置する「埼玉県聖火リレー実行委員会」にて選定を行います。

(参考)今後のスケジュール

2018年12月末:県内ルート案を東京2020組織委員会に提出
2019年夏頃:東京2020組織委員会が全国のルートを公表

関連情報

このページに関するお問い合わせは
総合政策部 政策企画課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。