広瀬小学校で「SAITAMA PRIDE ゴルフ競技体験キャラバン」を実施しました

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2018年2月9日

2018年2月7日(水曜日)、広瀬小学校在校の6年生77名を対象に、NPO法人日本ジュニアゴルファー育成協議会の協力のもと、ゴルフの基本を学ぶために開発された「スナッグゴルフ」を体験しました。

スナッグゴルフを体験!

スナッグゴルフとは、ゴルフの基本技術を楽しく正しく手軽に学ぶことができる初心者用のゴルフであり、テニスボールを一回り小さくしたマジックテープで覆われている柔らかなボールを打ち、ターゲットにくっつける競技です。
児童たちは、プロゴルファーからルールやスイングの基本動作の指導を受けた後、校庭内に造られたコースを回りました。はじめは慣れない動きに戸惑い、上手くボールを前に飛ばせなかったものの、徐々にコツをつかみ、最後には全員がナイスショットでボールを飛ばして、楽しみながらラウンドしました。
児童からは「ゴルフは大人がやるものだと思っていたけれど、実際にプレーしてみたらすごく楽しかった」や「クラブが重くて難しかったけれど、またプレーしたい」、「近くでオリンピックのゴルフが行われるので、絶対に観にいきたい」など、ゴルフと東京2020大会へ興味を持ってくれた声が多くあがりました。

「SAITAMA PRIDE 競技体験キャラバン」とは

東京2020大会において5競技が開催される埼玉県が中心となり、次世代を担う子どもたち等を対象として、オリンピック・パラリンピックへの関心を高めるために展開している競技体験事業であり、この「ゴルフ競技体験キャラバン」は、埼玉県(2020オリンピック・パラリンピック/ラグビーワールドカップ2019埼玉県推進委員会)とゴルフ競技の「開催会場」である本市が協働して実施しました。

関連情報

このページに関するお問い合わせは
総合政策部 政策企画課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。