エールよ届け★短冊の願いとともに~緑川大輝選手~

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年7月7日

アスリート

  • 緑川大輝(みどりかわひろき)選手
  • バドミントン
  • 狭山市出身・早稲田大学バドミントン部所属

当り前じゃない「いま」に対する不安

(日本)ランキングを上げなければいけない状況で大会が全くないとなると、自分の中でのモチベーションが下がってきますし、自分が上達しているのかそういうことも不安になりますし、不安だらけ。
バドミントンは室内競技なので、風が入ってきたらシャトルが揺れて競技に集中できなかったりするので、そのなかで大学側から「30分に一回は換気を」とかそういう制限も付けられているので、なかなか練習に集中が向かないことが続いています。
普段あまりランニングは好きではないのでやらないけれど、こういう状況なので空いている時間を使って体力面の強化をしていました。

目標に向けた「これから」に対する意気込み

(日本代表)A代表に入ることが目標で、さらにそこからオリンピック、金メダルを目指してやっていくことが目標。
(今年の)試合がもうないと早稲田大学としては考えているので、来年、再来年に向けてチームを底上げしていくことを考えて、練習量は落ちないようにやっています。

短冊に込める願い

パリオリンピック金メダル

みんなにエール~狭山の子どもたちへ~

今、このときを大切に努力していれば、夢は必ず叶うと信じて自分はがんばっています。
皆さんも一緒にがんばりましょう!

関連情報

このページに関するお問い合わせは
総合政策部 政策企画課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。