エールよ届け★短冊の願いとともに~高島理久也選手~

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年7月7日

アスリート

  • 高島理久也(たかしまりくや)選手
  • 社会人ラグビー
  • セコムラガッツ所属

当り前じゃない「いま」に対する不安

18年間ラグビーをしているのですが、こんなにも長く活動ができなかったことは初めてで、最初は不安ばかりでした。
そのなかで何ができるのかということで、まずはチームでオンライントレーニング、チームの繋がりの輪を大切にして励まし合いながらみんなで乗り越えていきました。
今は感染症対策をしながら、少しではありますがグループ分けをしながら、チームで活動再開をすることができました。
あらためてやはり一人で自粛期間中ずっとトレーニングをしていたので不安もあったのですが、やはりみんなで顔を合わせながらトレーニングをするのはいいなってあらためて感じました。
今はまだ試合は決まっていませんが、まずはみんなで励まし合いながら、楽しくラグビーができるってことがモチベーションになっています。

短冊に込める願い

元気で皆でラグビーをできる日常が戻ってきますように

みんなにエール~狭山の子どもたちへ~

今はまだまだ不安なことが多いですが、止まない雨はないし明けない夜はないです。
明るい未来に向かってまずは周りの家族や友達と支え合いながら、そして励まし合いながら、楽しく元気に過ごしていきましょう!

関連情報

このページに関するお問い合わせは
総合政策部 政策企画課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。