このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
現在のページトップページの中の 市政 の中の シティプロモーション の中の 届け出挙式 の中の 11月22日“いい夫婦”の日に市役所で結婚イベントを開催 のページです。
本文ここから

11月22日“いい夫婦”の日に市役所で結婚イベントを開催

更新:2018年11月19日

2018年11月22日(木曜日)の“いい夫婦の日”に狭山市役所で、届け出挙式や狭山市オリジナル婚姻記念証の贈呈などの結婚イベントを開催します。

届け出挙式

  • 前回の届け出挙式のようす

  • 月22日“いい夫婦”の日に市役所で結婚イベントを開催

婚姻届を提出するカップルを対象に、未来への一歩を踏み出す新郎新婦の門出を祝福することで、狭山への愛着を高め、定住促進につなげることを目的とするものです。

開催日時

2018年11月22日(木曜日)、14時から14時50分

会場

市議会議場

内容

人前結婚式(誓いの言葉、宣誓書署名市長祝辞)、お披露目、記念撮影ほか

※市議会議場内での傍聴できません

関連情報

記念撮影ブース

11月22日に婚姻届を提出される方を対象に、市役所1階エントランスホールに設置した撮影ブースで、ブーケトニア、ブーケを身に付け、記念撮影を行い、撮影した写真は現像してプレゼントします。

記念撮影ブース(イメージ)記念撮影ブース(イメージ)

日時

2018年11月22日(木曜日)、8時30分~17時15分

場所

市役所1階エントランスホール

記念撮影できる方

11月22日(木曜日)に婚姻届を提出する方

婚姻記念証

11月22日(木曜日)以降に狭山市役所に婚姻届を提出された方へ、市内在住の童絵作家の池原昭治さんの絵に、狭山市ゆかりの詩人・故吉野弘さんの代表作「祝婚歌」の自筆を挿入した婚姻記念証を贈呈します。

  • 婚姻記念証婚姻記念証

  • 立てて飾ることもできます立てて飾ることもできます

デザイン

  • 表面…童絵作家・池原昭治さんが描いた狭山市の原風景に、狭山市ゆかりの詩人・吉野弘さんの祝婚歌を挿入
  • 裏面…カップルが提出した婚姻届の写し

配付開始日

2018年11月22日(木曜日)

配付場所

市役所1階市民課窓口

対象

11月22日(木曜日)以降に婚姻届を提出された方

関連情報

池原昭治(童絵作家)のプロフィール

池原昭治

香川県高松生まれ、狭山市在住
日本各地の民話を訪ね歩き「童絵」という独自の画風を確立。1982年テレビ「まんが日本昔ばなし」の演出、作画、美術を担当。狭山市の民話なども多くを掘り起し、現在広報さやまの「残しておきたい狭山の風景」に作品を掲載いただくなど、地域での活動も積極的に展開中。

故・吉野弘(詩人)のプロフィール

故・吉野弘 ※写真はご遺族提供※写真はご遺族提供

山形県酒田市生まれ、静岡県富士市没87歳
26歳で現代詩を専門とする出版社の詩誌に、今では国語の教科書にも掲載されている「I was born」などの作品を投稿したのを機
に、本格的に詩の世界に入る。その後、昭和47年に46歳で全国紙の文学賞を受賞。その年に狭山市に居を構え、平成19年に静岡県富士市に移住するまでの35年間に、「祝婚歌」をはじめとする代表作の多くを創作。現在は、愛した狭山で永遠の眠りについている。

問い合わせ

総合政策部 広報課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。