牛肉とダイコンのみそ煮(2021年12月号)

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年12月10日

ゆで卵を加えてもおいしく召し上がれます。12月22日は冬至です。カボチャが一般的ですが、この日に冬至大根(ダイコンの煮物)を食べる習慣があったといわれています

牛肉とダイコンのみそ煮

材料・4人分

牛バラ肉(うす切り)400グラム、ダイコン1本、ニンジン1本、長ネギ1本、ニンニク2片、ショウガ1片、大さじ2、唐辛子1~2本、鶏ガラスープ適量、塩・コショウ少々
(A)豆板醤(とうばんじゃん)大さじ1、海鮮醤(はいせんじゃん)大さじ2、しょうゆ大さじ4~5、砂糖大さじ1

作り方

  1. 牛肉は一口大に切り、ダイコンとニンジンは大き目の乱切りにする
  2. 長ネギはぶつ切り、ショウガはうす切り、トウガラシは種を取り半分に切る。ニンニクはつぶす
  3. 熱したフライパンに油を入れ、2.を炒めて香りが出たら牛肉を加えて炒める。火が通ったら(A)を加える
  4. 鍋にダイコン、ニンジンを入れ、その上からを汁ごと注ぎ、具がひたひたになるまで鶏ガラスープを足す
  5. 塩・コショウで味を調えて10~15分煮る

このページに関するお問い合わせは
企画財政部 広報課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2935-3765

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。