サトイモのそぼろあん(2020年11月号)

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年11月10日

狭山市産のサトイモを使いました。
十日夜(とおかんや)(旧暦では10月10日、今年は11月24日)は、田の神様が山に帰っていくのを送る行事で、ぼた餅や収穫したサトイモなどをお供えするといわれています。

サトイモのそぼろあん

材料・4~5人分

サトイモ500グラム、大さじ1、鶏ひき肉150グラム、干しシイタケ3枚、ショウガ汁大さじ1、片栗粉大さじ2、ユズの皮少々
(A)だし汁2と2分の1カップ、砂糖大さじ1と2分の1、みりん大さじ1、しょうゆ大さじ2
(B)だし汁1カップ、大さじ1、小さじ2分の1、砂糖大さじ2分の1

作り方

  1. サトイモは皮をむいて、大きめのものは半分に切る。塩をもみこみ、水で洗いぬめりを落とす
  2. 干しシイタケは水で戻し、粗みじん切りにする
  3. 鍋にサトイモと(A)を入れ、サトイモにスッ竹串が通るようになるまで15~20分程度煮る
  4. 鍋からサトイモを取り出し、器に盛る
  5. 4.の鍋に(B)を足して煮立て、鶏ひき肉と2.を加えてさらに煮る
  6. 鶏ひき肉に火が通ったら、ショウガ汁を入れ、水で溶いた片栗粉でとろみをつける
  7. 器に盛ったサトイモに6.をかけ、針ユズ(ユズの皮を千切りにしたもの)を天盛りにする

このページに関するお問い合わせは
総合政策部 広報課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。