狭山清陵高校の生徒が本物の投票箱で生徒会選挙を行いました

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2016年10月21日

2016年10月6日(木曜日)に、県立狭山清陵高等学校の全校生徒が、実際の投票箱や記載台を使って生徒会選挙の投票を行いました。
公職選挙法の改正により選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことから、生徒に政治参加への関心を高めてもらおうと実施されました。
生徒約700名は、体育館で狭山市選挙管理委員会の「選挙の種類、投票の手順、インターネットを使った選挙運動等」の話を聞いた後、立会演説会を実施し、卓球場に設けられた投票所へ移動し、投票を済ませました。

当日の様子

立会演説会は標旗を設置し、候補者はたすきをして演説しました。

立候補者の演説の様子立会演説会の様子

投票には、実際の投票箱と記載台を使用しました。

記載台で投票用紙に記入する生徒たち投票の様子1

立会人の前で投票箱に投函する生徒投票の様子2


投票を済ませた生徒から、「選挙のことは授業で習いましたが、話を聞いて改めて選挙には行かなくてはならないと思いました」などの感想が聞かれました。

このページに関するお問い合わせは
選挙管理委員会事務局

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。